21年8月の世界ゲームアプリDLトップは『My Talking Angela 2』。ハイパーカジュアルゲームが減少傾向

▲画像はSensor Tower「Top Mobile Games Worldwide for August 2021 by Downloads」より

 アメリカの調査会社Sensor Towerは、同社のブログにおいて「2021年8月 世界のモバイルゲームダウンロードトップ」を公開した。なお、本記事の数字は同社の推計によるものである。

 2021年8月はOutfit7の『My Talking Angela 2』が2,850万DLを達成し、DL数トップを獲得。内訳はインドが全体のダウンロード数の約18%を占め、ブラジルで10.4%を占めた。同作は前月のランキングで3位に位置していたが勢いは衰えず、人気を拡大した形だ。

ネコのアンジェラと一緒に着せ替えやミニゲームなどが楽しめるバーチャルペットゲームの最新作。上の動画は3,400万再生超を記録

 第2位のTap2Playの『Fidget Toys Trading』は約2,700万DLで続く。こちらの内訳は、ブラジルが最も多く13.7%、次いでインドネシアで9.3%となった。同作はおもちゃをできるだけ良い条件で物々交換することを目指すハイパーカジュアルゲーム。

 その後ろにはGarenaのバトロワ『Garena Free Fire』、テンセントのバトロワ『PUBG Mobile』が並ぶ結果に。

 昨年同月比で見た場合、TOP10にランクインしているハイパーカジュアルゲームのタイトル数が6タイトルから4タイトルに減っているのが印象的だ。

 同ジャンルは今月9億8,430万件のDL数を記録し、今年初めて10億DLを下回った。Sensor Towerによれば、この数字は2020年11月以来の低水準だという。同社はハイパーカジュアルゲームが苦戦する状況について「App Storeで加えられたIDFAの変更が、すべてのパブリッシャーのターゲットユーザー獲得キャンペーンに影響を与えた」 と要因のひとつを挙げている。

 2021年8月はApp StoreおよびGoogle Play全体で47億DLを記録し、前年同月比で約4%の減少値となった。世界のDL数第1位は相変わらずインドで、8億2,500万件以上のDL数を記録し、世界全体の17.6%を占めた。第2位は米国で8.3%、第3位はブラジルで8.2%と続く。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

Related Articles

00:00:16

リズムゲーム『東方ダンマクカグラ』をゲームエイジ総研が調査。“東方Projectらしい音楽”を若年層が支持

・平均デイリーアクティブユーザー数は43.2万人 ・最も多いユーザーは10代男性で3割を占める など

21年8月の中国ゲームアプリ市場、LOLスピンオフ『チームファイト タクティクス』中国スマホ版が好発進

リリースからわずか6日間の収益で、8月の中国App Storeセールスランキングで11位にランクイン。

21年8月、世界ゲームアプリ売上TOPは2ヶ月連続で『PUBG MOBILE』。6周年の『FGO』も急上昇

『Fate/Grand Order』の8月推定売上は1億3,380万ドル(約147億円)。同作の売上はこれで累計約55億ドル(約6,053億円)に達する。

Stay Connected

Latest Articles