Nintendo Switchがアップデートを経てBluetoothオーディオに対応。無線イヤホンで快適にゲームが楽しめるように

 任天堂は、9月15日、Nintendo Switch向けのファームウェアアップデートVer.13.0.0を配信した。今回のアップデートでは、Bluetoothで通信するヘッドホンやイヤホン、スピーカーなどへの対応が可能に。Bluetoothイヤホンでコードを気にせずプレイができるようになるため、より没入感たっぷりにゲームが楽しめるようになった。

 Bluetoothオーディオ使用中は、接続できる無線コントローラーが2個までとなるほか、ローカル通信との併用はできない。マイク入力には対応しておらず、オーディオ機器によっては音声の遅延が目立つ場合があるとのことだ。

 また、スリープ中の有線インターネット接続の維持について、「ON/OFF」の切り替えが可能に。「ON」の場合、有線でインターネット接続をしている本体がスリープになっても常にインターネットへの接続を続けるため、スマートフォンなどからソフトや追加コンテンツを購入した場合などにすぐにダウンロードが可能となった。

 無線でインターネットに接続している際には、使用している電波周波数帯(2.4GHz/5GHz)を確認できる仕様に変更が行われている。

 そのほか、コントローラーとセンサーの「スティックの補正」については、従来の「スティック押し込み」から、「スティックを一定方向に倒し続ける」方法に変更。Nintendo Switch(有機ELモデル)に同梱しているLAN端子付きのドック[HEG-007]のみの仕様だが、ドックのソフトウェアの更新が行えるようになっている。

「Nintendo Switch」サポートページ:https://www.nintendo.co.jp/support/switch/system_update/index.html

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

Related Articles

『ドラゴンクエストけしケシ!』事前登録を開始。「ドラクエ」シリーズ初の3マッチパズルゲーム

公式サイトと公式Twitterも公開中。はぐれメタルやメタルスライムのフィギュアが抽選でプレゼントされるキャンペーンも実施されている

『イカゲーム』1億1100万世帯視聴を記録。Netflixドラマシリーズ史上最大のヒット作品に

賞金456億ウォンをかけ、400人超の参加者が様々なデスゲームに挑んでいくというストーリー。世界90ヵ国で視聴再生数のトップを記録するなど大きな注目を集めた

Stay Connected

Latest Articles