ZAUNTEDがアメリカでのお化け屋敷事業展開に契約。ティザービジュアル&ムービーが公開に

 ZAUNTEDは、アメリカでのお化け屋敷事業展開に契約したことを発表した。契約企業の調べによれば、日本人による通年型常設お化け屋敷プロデュースはこれがアメリカでの初事例になるとのこと。

 発表に際し、ZAUNTEDのティザームービーとティザービジュアルが公開となった。

▲ティザービジュアル

 「ホラーで社会貢献」を使命に、様々なホラーコンテンツを立ち上げているソリューション企業ZAUNTED。2021年8月には『赤ちゃんプレイお化け屋敷バブリミ』が公開され、話題に。そのほか、大阪府のゲストハウスを全面利用したビックスケールなお化け屋敷「カクレミ」や、世界初の車型移動式お化け屋敷を展開するなど、大きな注目を集めている。

 ZAUNTEDの代表取締役CEO兼CCOであるマイケルティー・ヤマグチ氏は、発表に際し、「長いキャリアで慣れていることだが、早速に海外サイドより「怖すぎるのでNG」事案が続出しており既に改変に追われている」とコメントを寄せている。今後の活躍について、注目したいところだ。

マイケルティー・ヤマグチ

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

Related Articles

『天穂のサクナヒメ』メイキング・アートワーク集が10月21日に発売

キャラクターデザイン・初期案&ラフ・プロップデザイン・バックグラウンドアート・パッケージイラスト・ED絵コンテ、制作陣のコメントも掲載。

Stay Connected

Latest Articles