VR版『バイオハザード4』が10月21日に発売決定。チェーンソー男が眼前まで迫る恐怖のトレイラー映像が公開に

 Oculusは、Oculus Quest 2版『バイオハザード4』を10月21日にリリースすると発表した。発表に合わせて、ゲームプレイトレイラーが公開されている。

 2005年に発売され、サバイバルホラーの最高峰「バイオハザード」シリーズの中でも人気が高く、根強いファンを持つ『バイオハザード4』。

 今回リリースされるOculus Quest 2版では、レオンの動きとOculus Touchコントローラからくる両手の動きを組み合わせるために、レオンの上半身全体にリグ(関節)が追加される。

 武器やアイテムは物理的なオブジェクトとして再設計されており、プレイヤーはそれらを手に取って操作を行うことが可能に。メニュー画面を操作して武器を交換するのではなく、プレイヤーが身に着けている武器をスムーズに取り出すことができるようになっている。

 また、ステージセレクトやテレポート移動にも対応しており、広大なゲームワールドを思いのままに探索することが可能に。プレイヤーはプレイスタイルをスタンディングプレイ、座ってプレイの2択から選択でき、その他にも用意されているさまざまなオプションから快適にプレイする事ができるとのことだ。

 バーチャルリアリティの没入感を高めるために、様々な試みが詰め込まれている本作。10月21日のリリースを、楽しみに待ちたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

Related Articles

『ドラゴンクエストけしケシ!』事前登録を開始。「ドラクエ」シリーズ初の3マッチパズルゲーム

公式サイトと公式Twitterも公開中。はぐれメタルやメタルスライムのフィギュアが抽選でプレゼントされるキャンペーンも実施されている

『イカゲーム』1億1100万世帯視聴を記録。Netflixドラマシリーズ史上最大のヒット作品に

賞金456億ウォンをかけ、400人超の参加者が様々なデスゲームに挑んでいくというストーリー。世界90ヵ国で視聴再生数のトップを記録するなど大きな注目を集めた

Stay Connected

Latest Articles