カヤックがゲームのオンライン家庭教師事業ゲムトレを連結子会社化したと発表

 カヤックは、2021年9月28日、プロのゲームトレーナーからゲームを学べるサービス「ゲムトレ」を運営するゲムトレについて、株式取得および第三者割当増資引受(子会社化)したことを発表した。

 2021年9月28日付でカヤックは、ゲムトレの発行済株式500,000株のうち、既存株主より50,000株を取得する予定。また、同日付でゲムトレが実施する第三者割当増資において400,000株を引き受ける予定となっている。

 さらには、カヤック代表取締役である柳澤大輔氏が、自身の保有するカヤックの株式を対価として、既存株主より90,000株を取得。これにより、カヤックはゲムトレの株式を450,000株(50.0%)取得することになり、ゲムトレはカヤックの連結子会社となる予定だ。

 ゲムトレは、「ゲームを人生を豊かにするツールとして使ってほしい。」という想いのもと、ゲームのオンライン家庭教師サービス「ゲムトレ」を2019年10月に開始。eスポーツの認知がスポーツとして年々深まる中で、大会出場やプロゲーマーを目指すことだけを目的とせず、ゲームを通じて脳を鍛えたり、コミュニケーション能力を高めたり、ゲームプレイの枠を超えた習い事として、「ゲーム×教育」の分野で新しい道を切り拓いている。

 ゲムトレをカヤックグループに迎えることにより、eスポーツ文化およびゲームに対する新しい価値観の醸成、eスポーツに関わる事業領域の拡充、両社における各事業の相乗効果の発揮などを通じて、カヤックグループ全体としての競争力強化と企業価値向上を目指すとしている。

ゲムトレ公式サイト:https://gametrainer.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

Related Articles

韓国Netmarble、第2四半期は売上高556億、営業利益16億のYoYで減収減益

『二ノ国:Cross Worlds』の売上高の未反映と、新作リリースに伴うマーケティング費、人権費の増加により、業績が低迷。下半期には大型新作のリリースやグローバルソーシャルカジノゲーム市場への進出を予定している。

ネクソンが第2四半期の連結業績を発表。連結売上収益560億円と、前年同期と比べ13%減

ファンド投資に係る評価益及び受取配当金などの金融収益を計上する一方で、ビットコインの市場価格の変動により45億円の評価損を計上。日本の売上収益は『メイプルストーリーM』『ブルーアーカイブ』が振るわず。

Stay Connected

Latest Articles