超軽量200gのVRヘッドセット「arpara(アルパラ)」が日本上陸

 中国ARPARA GLOBAL TECHNOLOGYは、超軽量(200g)のOLEDマイクロディスプレイ5K VRヘッドセット「arpara(アルパラ)」をクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にて販売実行したことを発表した。

【関連URL】https://camp-fire.jp/projects/view/477040

 arparaヘッドセットで使用されているmicro-OLEDディスプレイは、スクリーンドア効果を効率的に除去できるため、AMOLEDと比較して高い開口率を誇る。

 絶大な1μsの応答速度と120Hzのリフレッシュレートを搭載し、システム全体のレイテンシーを最大限向上するだけでなく、ゴースト効果を最大限に除去し、ゲーム体験をまったく新しい体験に引き上げるという。

 また、FoVは95°で非常に視野が広く、人間の視野角ともかなり近いものになっている。

 arparaは、その高い互換性により、スマートフォンやパソコン、ゲーム機などの機器とシームレスに連動。シームレスな接続性と6DOFインタラクションにより、arparaは没入感のあるPC VRゲームへのアクセスを容易にする。

 Type-Cでスマートフォンと直接接続、主要ゲームアプリに対応、映画館レベルのオンライン視聴体験を実現。重量配分を頭の後ろ側にバランスよく配置することで、ユーザーの顔や鼻から効果的に体重を分散させ、旧モデルの三角形のストラップ機構とは比較にならないほどの快適性を実現している。このため、長時間の装着でも不快感を感じることなくVR世界に没頭可能。

 なお、近視・遠視の人でも、コンタクトレンズを付けることなく眼鏡でも使用できる。arparaは、-1D-5Dの度数、56mm-72mmの瞳孔間距離から、自分の都合に合わせて自由に調整可能。

▲デュアルチャンネル指向性ステレオを搭載しているため、イヤフォンを装着する必要することはない。
▲NOLOの「6DoFモーショントラッキングキット」を使うことでお気に入りのゲームにも対応。

 

【対応機種一覧表】

 はじめから搭載されているソーシャルVRプラットフォーム「arparaland」では、自分の仮想世界を思いのままに形成し、仮想キャラクターをカスタマイズし、レクリエーション活動やビジネスコラボレーションを行うことができる。また、自分の思うままの環境やアバターなども作成可能。

【製品概要】

CAMPFIRE 超早割引 65,741 円(33%OFF)(消費税・送料込)
一般販売予定価格:98,261円(税込)
お届け予定:2022年1月~

内容物:
▶arpara 5K VRヘッドセット x1
▶TYPE-C接続ケーブルx1
▶VR用フェイスマスク x1
▶取扱説明書 x1
販売方法:オンラインキャンペンーン支援
販売店:クラウドファンディングプラットフォームCAMPFIRE

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

バンダイナムコスタジオがインディーゲームレーベル「GYAAR Studio(ギャースタジオ)」を設立

第1弾タイトルとして『Survival Quiz CITY』をリリース予定。クイズの正解者が不正解者を蹴落とし、クイズ以外に武器やアイテムで勝ち残る“理不尽さ”が特徴のアクションゲーム

Stay Connected

Latest Articles