『バイオハザード7』が全世界で1,000万本を突破。デジタル販売の促進や最新作とのバンドル版投入による相乗効果がカギに

 カプコンは、マルチプラットフォーム向け『バイオハザード7 レジデント イービル』(以下『バイオハザード7』)を、全世界で1,000万本を販売したと発表した。

 2017年1月に発売した『バイオハザード7』は、シリーズのルーツである「恐怖」をメインコンセプトとしたホラータイトル。没入感溢れる恐怖体験を提供するため、従来の三人称視点から一人称視点へゲームシステムを革新。ホラーに焦点をあてた大幅なモデルチェンジを行い、大手レビュー集積サイトをはじめ各所で高い評価を獲得することに成功した。

 リリース後も脱出ゲーム風のミニゲームや登場キャラクターの前日談や後日談が体験できる追加DLCが配信され、大きな話題を呼んでいた。

 さらに近年では、デジタル販売を促進する中で、季節やイベントに合わせたセール販売など戦略的な価格施策が行われ、幅広いユーザー層への訴求を強化。2021年5月、シリーズ最新作であり続編の『バイオハザード ヴィレッジ』発売時には、同作とセットにしたバンドル版の投入をはじめ、シリーズ最新作との相乗効果を活かした施策が行われていた。

 1,000万本の販売を記録したことについてカプコンは、「当社はこれからも、卓越したゲーム開発力を遺憾なく発揮し、ユーザーの皆様のご期待に応えてまいります」とコメントしている。

『バイオハザード7』の公式サイトではPS4とXbox One、Steam向けに体験版も配信されている。本作について興味のある方は、体験版からプレイしてみてはいかがだろうか。

『バイオハザード7 レジデント イービル』公式サイト:https://www.capcom.co.jp/biohazard7/#_top

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

Related Articles

バンダイナムコスタジオがインディーゲームレーベル「GYAAR Studio(ギャースタジオ)」を設立

第1弾タイトルとして『Survival Quiz CITY』をリリース予定。クイズの正解者が不正解者を蹴落とし、クイズ以外に武器やアイテムで勝ち残る“理不尽さ”が特徴のアクションゲーム

Stay Connected

Latest Articles