電通、NFTマーケット「FanTop」に参画。アニメやマンガのファンに向けIPのデジタル流通の推進を目指す

▲画像は「FanTop」の公式サイトをスクリーンショットしたもの

 電通は、メディアドゥのNFTマーケットプレイス「FanTop」に参画したと発表した。電通のネットワークを活かし、IPホルダーの持つアニメやマンガなどのエンターテインメントやスポーツコンテンツのFanTopへの出品を促進するほか、新しいファン体験の創出、関係性構築の支援・推進を行っていくとしている。

 さらに、メディアドゥの子会社で世界最大級のアニメ・マンガコミュニティー&データベースサイトを運営する「MyAnimeList」との連携も発表。海外のファンに向けたデジタルアイテムの企画・制作を推進していことを発表している。

 FanTopは、アニメやマンガ、スポーツなどのエンターテインメントコンテンツを、NFT付きのデジタル”ファンアイテム”として収集・鑑賞、ファン同士での共有、譲渡、売買が楽しめることを目的としたNFTマーケットプレイス。

 10月12日よりサービスが開始され、第1弾NFTとしてコアミックスの「『北斗の拳』漢の死に様シリーズ 南斗六聖拳ボックス」と日本文芸社の「『銀牙伝説』NFTアートシリーズ、バンダイナムコアーツの「Jacket Art Collection」、エディアの「チート薬師のスローライフ デジタルアートボードシリーズ」の販売が行われている。

 2021年内には、仮想空間に獲得したアイテムを展示する機能や自室や外でアイテムの鑑賞を楽しめるAR機能などを搭載したビューアアプリ、ユーザー同士がアイテムを売買できる二次流通機能がリリースされる予定だ。

「Fan Top」公式HP:https://fantop.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

Related Articles

『ドラゴンクエストけしケシ!』事前登録を開始。「ドラクエ」シリーズ初の3マッチパズルゲーム

公式サイトと公式Twitterも公開中。はぐれメタルやメタルスライムのフィギュアが抽選でプレゼントされるキャンペーンも実施されている

『イカゲーム』1億1100万世帯視聴を記録。Netflixドラマシリーズ史上最大のヒット作品に

賞金456億ウォンをかけ、400人超の参加者が様々なデスゲームに挑んでいくというストーリー。世界90ヵ国で視聴再生数のトップを記録するなど大きな注目を集めた

Stay Connected

Latest Articles