スマホゲーム配信数 日本一のMirrativ、ゲーム実況のマーケティング効果とその背景

ゲーム実況の需要が高まるなか、インフルエンサーを活用した動画マーケティングが熱を帯びています。弁が立つ演者の起用や、高質な番組作りも求められていますが、時として気軽でゆるくコミュニケーションを育みたいプラットフォームの価値も注目されています。そして、それをタイムリーに実現したのは、スマホ画面共有型ライブ配信プラットフォーム「Mirrativ」です。

同サービスは、リリース以来、ゲームの生配信を中心に成長を続けており、スマホゲーム配信数・配信者数は日本一、アクティブユーザーの平均配信時間・平均視聴時間共に1日平均100分、トップの配信者は累計4,721時間も配信を行うなどの実績(2018年2月現在)を備えています。さらに、7月12日には大ヒット中のバトルロワイヤルゲーム『荒野行動』との連携も開始し、ユーザコミュニティのさらなる活性化に貢献しています。

本稿では、株式会社ミラティブ 代表取締役 赤川隼一氏にインタビューを実施し、Mirrativがもたらすマーケティング効果について伺いました。ゲームKPIへの影響にも寄与しているとのことですが、具体的な事例も交えてお話を聞きました。

インタビューより

(Mirrativの)コンセプトはリリース当初から変わらず、「友達の家で“ドラクエ(ドラゴンクエスト)”をやっている感じ」です。僕の世代からすれば、幼少期のその体験は、ある意味ゲーム実況の源流であると思っています。

 

 

You may also like...