CATEGORY

Data

『バイオハザード ヴィレッジ』が全世界で400万本を突破

『バイオハザード ヴィレッジ』は、累計900万本を販売した『バイオハザード7 レジデント イービル』の続編で、アクション性を高め、より遊び応えのあるプレイボリュームを備えたタイトルとなっている。

iOSのIDFA利用制限により、カジュアルゲームアプリのインストールコストが120%上昇

調査結果から、カジュアルゲームアプリのインストールコストが120%上昇し、Androidに広告費が集まっているということがわかった。

スマートフォンのバッテリーは「20%〜30%」になると不安になる人が約半数などという結果に

【LINEリサーチ】調査結果から、スマートフォンのバッテリーは「20%〜30%」になると不安になる人が約半数、バッテリーが減ってきたときに何かしらの対策を行う人は約7割いるということがわかった。

じわじわと人気拡大中の『パズル&サバイバル』、支持されるワケとは

【LIVEOPSIS分析記事】昨年末にリリースされ、じわりじわりとその人気が拡大し、気づけばセルランTOP30圏内を維持。ゾンビ×ストラテジー×マッチ3という一風変わった同作を分析。

「《台湾0〜5歳乳幼児のキャラクターに関する意識調査》」結果発表 TOP10に日本のキャラクターが4つランクイン

台湾における5歳以下の乳幼児が好きなキャラクターランキングでは、日本のキャラクターのしまじろうが第3位、ドラえもんが第7位、アンパンマンが第9位、ハローキティが第10位という結果となった。

『ドラゴンクエストウォーク』、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響は低い

調査結果から、新型コロナウイルス感染症の影響を強く受けると思われていたが、データからはそのような傾向は見られず、ユーザーにあったプレイ環境を提供することで、コアなユーザーを獲得し続けていることがわかった。

【2021年版】『ゲムトレ』が小学生355人を対象に一番人気のゲーム実況者&ゲームタイトルのアンケート調査を実施

「小学生がいま一番見ているゲーム実況YouTuberは?」では、2割以上の小学生がHikakinGamesを一番に見ており、一番遊んでいるゲームタイトルは昨年に引き続き『フォートナイト』という結果となった。

Stay Connected

TOP STORIES