『PUI PUI モルカー』のプライズが6月より全国のアミューズメント施設で登場

 エイコーは、全国のアミューズメント施設において、『PUI PUI モルカー』のプライズを6月より順次展開していく事を発表した。

 景品は、『PUI PUI モルカー』のうまい棒、2段収納ボックス、エコバッグ、ぴたれすとVol.1の4種類がラインナップされている。

 

<以下、プレスリリースより引用>

株式会社エイコー(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:西谷元晴)は、全国のアミューズメント施設(以下:ゲームセンター・オンラインクレーン)におきまして、「PUI PUI モルカー」のプライズを6月より順次展開していく事をお知らせいたします。

 

アミューズメント専用景品ラインナップ

6月4週発売予定 PUI PUI モルカー うまい棒

■弊社ホームページ
https://www.eikoh-prize.jp/html/page5.html

■おすすめポイント
・プライズ限定商品の為、ゲームセンター・オンラインクレーンでしか手に入らない「うまい棒」となります。

■実施対象店舗
実施店舗URL:https://gigaplus.makeshop.jp/eikohprize/image/mol/mol_202106.pdf

■その他
※取扱い店舗によっては、展開時期がずれ込む場合がございます。
※景品は無くなり次第、終了となりますので、予めご了承下さいませ。
※オンラインクレーンは事前の登録が必要となります。

 

7月4週発売予定 PUI PUI モルカー 2段収納ボックス

■弊社ホームページ
https://www.eikoh-prize.jp/html/page5.html

■おすすめポイント
・ゲームセンター・オンラインクレーン限定商品。プライズ初の雑貨商品となります。各シーンを詰め込んだデザインにもご注目!

■実施対象店舗
導入店舗が確定次第、弊社ホームページで掲載いたします。

■その他
※取扱い店舗によっては、展開時期がずれ込む場合がございます。
※景品は無くなり次第、終了となりますので、予めご了承下さいませ。
※オンラインクレーンは事前の登録が必要となります。

 

8月4週発売予定 PUI PUI モルカー エコバッグ 

■弊社ホームページ
https://www.eikoh-prize.jp/html/page5.html

■おすすめポイント
・ゲームセンター・オンラインクレーン限定商品。コンパクトに折りたためて、広げると約45㎝になります(持ち手部分を含む)。

■実施対象店舗
導入店舗が確定次第、弊社ホームページで掲載いたします。

■その他
※取扱い店舗によっては、展開時期がずれ込む場合がございます。
※景品は無くなり次第、終了となりますので、予めご了承下さいませ。
※オンラインクレーンは事前の登録が必要となります。

 

9月4週発売予定 PUI PUI モルカー ぴたれすとVol.1

※「ぴたれすと」は株式会社エイコーの実用新案権取得商品(技術評価6)です。

■弊社ホームページ
https://www.eikoh-prize.jp/html/page5.html

■おすすめポイント
「ぴたれすと」とは、ぬいぐるみ本体に磁石が入っており、金属はもちろん、服・帽子等に本体をマグネットで挟んで付けられるプライズ限定商品です!※「ぴたれすと」は実用新案権取得商品(技術評価6)です。

■実施対象店舗
導入店舗が確定次第、弊社ホームページで掲載いたします。

■その他
※取扱い店舗によっては、展開時期がずれ込む場合がございます。
※景品は無くなり次第、終了となりますので、予めご了承下さいませ。
※オンラインクレーンは事前の登録が必要となります。

■著作権表記
©見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP!

Related Articles

書評:『主人公思考』坂上陽三

『アイマス』ヒットの裏側とプロデューサーの役割を学びつつ、仕事への向き合い方についてポジティブな影響を与えてくれる内容となっています。

「ガンプラ」を主体とした旗艦店がタイ・バンコクで11/11オープン。東南アジアでは初

本施設が、バンコク随一の観光エリアでもあるSIAM駅直結のショッピングモール「SIAM CENTER」にオープンすることで、「ガンプラ」のさまざまな情報や体験を本施設から東南アジアへ発信していくとしている。

Stay Connected

TOP STORIES