VTuberグループ「ホロライブ」所属タレント「戌神ころね」、自身初の1/7スケールフィギュア化決定

 カバーは、VTuberグループ「ホロライブ」に所属する「戌神ころね」において、タイトーにて運営されているハイエンドフィギュアブランド「spiritale(スピリテイル)」より、自身初となる1/7スケールフィギュアが発売されることを発表した。

 本フィギュアは、公式イラストレーター・フカヒレ氏のイラストのもと、愛らしさと元気が溢れる犬らしい「がおーポーズ」に加え、垂れた耳やふさふさのしっぽなど細部までこだわって作られている。

 

<以下、プレスリリースより引用>

カバー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:谷郷元昭)は、弊社が運営するVTuberグループ「ホロライブ」に所属する「戌神ころね」について、株式会社タイトー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岩木克彦)にて運営されているハイエンドフィギュアブランド「spiritale(スピリテイル)」にて、自身初となる1/7スケールフィギュアが発売されることをお知らせいたします。

このたび、株式会社タイトーにて運営されているハイエンドフィギュアブランド「spiritale」第三弾として、弊社VTuberグループ「ホロライブ」の「ホロライブゲーマーズ」に所属する「戌神ころね」の立体化が決定いたしました。こちらの予約につきましては、2021年6月25日(金)からとなっております。

ポーズは公式イラストレーター「フカヒレ」氏のイラストを元に、愛らしさと元気が溢れる犬らしい「がおーポーズ」で、垂れた耳やふさふさのしっぽなど細部までこだわって作り上げられました。

本商品の予約開始を記念し、2021年6月25日(金)からTwitterでキャンペーンが展開されます。
「spiritale」公式Twitterアカウント(@Spiritale_shop)をフォローの上、対象の投稿をリツイートいただいた中から、抽選で10名様に「戌神ころね」直筆のサイン入り色紙が当たります。
 

 

戌神ころね 1/7スケールフィギュア 紹介

※フィギュア画像は開発中のものです。

予約サイト(spiritale公式サイト):https://spiritale.jp/ 

商品名ホロライブプロダクション 戌神ころね1/7スケールフィギュア
価格20,680円(税込)
仕様ABS&PVC 塗装済み完成品
サイズ約)H235mm×W130mm×D120mm(1/7スケール)
イラストレーターフカヒレ
原型制作CKB
彩色制作わんだい
制作協力株式会社WING
展開時期2021年6月25日(金)より予約受付開始
商品発送時期2022年1月予定

 

予約開始記念Twitterキャンペーンについて

6月25日(金)より、「戌神ころね」1/7スケールフィギュア予約開始記念として、「spiritale」公式Twitterアカウントにて「戌神ころね」直筆サイン入りの色紙が10名様に当たるRTキャンペーンを開催いたします。
詳細は6月25日投稿予定のツイートをご覧ください。

■ キャンペーンタイトル
戌神ころね1/7スケールフィギュア予約開始記念フォロー&RTキャンペーン

■ 期間 
2021年6月25日(金)~ 7月4日(日)

■ 賞品
ころね直筆サイン入り色紙

■ キャンペーンツイート投稿アカウント
spiritale公式アカウント(@Spiritale_shop)

 

タレントプロフィール

■戌神ころね
都会にあるパン屋さんにいる犬。店番をしながら空いた時間にゲームをしている。2021年6月17日(木)現在 YouTube登録数155万人/Twitterフォロワー80万人。

【キャラクターデザイン】フカヒレ @fuka_hire
【YouTube】 https://www.youtube.com/channel/UChAnqc_AY5_I3Px5dig3X1Q
【Twitter】 https://twitter.com/inugamikorone

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP!

Related Articles

書評:『主人公思考』坂上陽三

『アイマス』ヒットの裏側とプロデューサーの役割を学びつつ、仕事への向き合い方についてポジティブな影響を与えてくれる内容となっています。

「ガンプラ」を主体とした旗艦店がタイ・バンコクで11/11オープン。東南アジアでは初

本施設が、バンコク随一の観光エリアでもあるSIAM駅直結のショッピングモール「SIAM CENTER」にオープンすることで、「ガンプラ」のさまざまな情報や体験を本施設から東南アジアへ発信していくとしている。

Stay Connected

TOP STORIES