「ガンプラ」を主体とした旗艦店がタイ・バンコクで11/11オープン。東南アジアでは初

 BANDAI SPIRITSは、東南アジア初の「ガンプラ 」( 「ガンダムシリーズ 」のプラモデル)を主体としたフラッグシップショップ『THE GUNDAM BASE THAILAND』を、バンコクのショッピングモール「SIAM CENTER」に、2021年11月11日(木)にオープンすると発表した。

 「ガンプラ」は1980年7月に発売して以来、41年間で累計7億個以上を販売しているプラモデルシリーズ。「THE GUNDAM BASE」は、「ガンプラ」ビジネスの拡大を目的に、「ガンプラ」のオフィシャルショップとして2003年にソウル、2005年に台北、2017年に東京、2018年に上海に出店するなど、世界各都市で展開しており、本施設を含め世界16店舗(SATELLITE 店舗は除く)となる。

 本施設が、バンコク随一の観光エリアでもあるSIAM駅直結のショッピングモール「SIAM CENTER」にオープンすることで、「ガンプラ」のさまざまな情報や体験を本施設から東南アジアへ発信していくとしている。

 店内は、一般販売商品に加えガンダムベースの限定品を含む多数の商品を販売するショップスペースのほか、購入した商品を組み立てることができる組み立てスペース、東南アジア随一の展示スペースを設けており、さまざまな角度から「ガンプラ」の世界を楽しめる。

 また、オープンから約2カ月間の予定で、SIAM CENTERの大型スクリーンの使用やモール正面広場での約3mのガンダム立像設置など、モール全体をガンダムで装飾し、大人から子どもまで、ファンから初心者まで、また、バンコクに観光で訪れた方々に対し、ガンダムおよびガンプラをアピールしていくようだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
原 孝則 (Takanori Hara)
PIckUPs! 編集長。出版社で雑誌とWebメディアの編集を経験した後、大手ゲーム会社で多数のマーケティングプロジェクトに携わる。2015年にSocial Game Infoの副編集長に就任。2017年に起業し、独自のニュースサイト「PickUPs!」を立ち上げ、現職。

PickUP!

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES