eスポーツ産業の現在と展望を解説する「日本eスポーツ白書」を3月に創刊

 一般社団法人日本 e スポーツ連合(JeSU)は、書籍「日本eスポーツ白書2022 イントロダクション」を、2022年3月1日に刊行すると発表した。

 「日本eスポーツ白書」は、日本国内のeスポーツの普及と発展のため、大会等の興行だけでなく、地方創生や国際交流、教育、福祉など、あらゆる領域における、eスポーツ利活用の推進を目的として編纂したもので、毎年夏に本篇を、冬に中間レポートを刊行予定。

 3月に刊行予定の「日本eスポーツ白書2022 イントロダクション」では、関係省庁や国際団体、IPホルダー、プロeスポーツ選手による寄稿記事を掲載し、今日に至るまでのeスポーツ発展の系譜や、国内の市場規模などに関するデータの推移をまとめている。

 また、eスポーツ関連企業やプロチーム、スポンサーなど、60社以上の会員法人にアンケートを実施し、将来の発展に向けた課題や、コロナ禍の影響など、さまざまな視点からのリアルな情報を充実させ、国内におけるeスポーツ統括団体ならではの内容としている。

 eスポーツに事業として取り組まれている方々に向けた、現場の声をまとめた初めての網羅的なeスポーツの白書と言える。

 

日本eスポーツ白書2022 概要

書籍名:日本eスポーツ白書2022 イントロダクション
発行元:一般社団法人日本eスポーツ連合
発売日:2022年3月1日(予定)
価格:100,000円(税込/本体価格:90,909円) 
ページ数:116ページ(予定)
頒布形態:光ディスクメディア(オンデマンド印刷が可能なPDFデータを格納)
刊行頻度:年2回刊 
制作・販売:角川アスキー総合研究所
販売サイト:f-ism.net(ebten)

 

主な内容

特別寄稿(※敬称略)

・高木 美香(経済産業省 商務情報政策局 コンテンツ産業課)
・Boban Totovski(IESF/国際eスポーツ連盟 事務局長)
・辻本 春弘(株式会社カプコン 代表取締役社長COO)
・田中 隆一/岩崎 全宏(KRAFTON 日本チーム担当)
・梅原 大吾(プロゲーマー/『ストリートファイターV チャンピオンエディション』ジャパン・eスポーツ・プロライセンス保有選手)

日本のeスポーツの歴史とデータ

アンケート

・企業ヒアリング(公式大会の実施状況、サードパーティー大会の実施状況、オフライン・オンライン大会実施状況、コロナの影響、今後の展望)
・ゲーミングチームヒアリング(プレイヤーのマネジメント状況、コロナの影響、今後の展望)
・スポンサーに関する取り組み状況、今後の展望

日本eスポーツ連合設立までの歴史、公認大会・公式大会一覧

eスポーツの法的課題

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES