「PS5」世界累計実売台数1,000万台を突破 歴代PSのなかで普及ペースは最速記録

▲ 画像はplaystation.com/ja-jp/ps5/より

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、2020年11月12日より販売を開始したPlayStation 5(PS5)について、全世界累計実売台数が1,000万台を突破したことを発表した。

 SIEによると、PS5の普及ペースは、PS4が記録した世界累計実売1,000万台達成の最速記録を上回るものになっているという。さらには、PlayStation Studiosが開発したソフトである『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』、『MLB The Show 21』、『Returnal』、『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』についても、セールスが好調であることを明かした。

 

【世界累計実売本数】

  • 『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』650万本
  • 『MLB The Show 21』200万本
  • 『Returnal』56万本
  • 『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』110万本

 

 販売台数が1,000万台を突破する一方、市場では依然としてPS5の品薄状態が続いているという問題もある。SIEの社長 兼 CEOのジム・ライアン氏は、「ゲーム業界だけではなく、あらゆる産業がグローバルな市場環境の影響を受けている中、SIEにとって在庫水準の改善は最優先事項であることを改めてお伝えいたします」と、コメントを発表。市場の改善に取り組む姿勢をみせている。

 PlayStation Studiosは、2021年から2022年にかけて、「ゴッド・オブ・ウォー」最新作や『グランツーリスモ7』、『Horizon Forbidden West』といった人気タイトルのリリースを控えている。世界累計実売台数について、今後も記録を伸ばしていくことになりそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

急成長のNextNinjaが全職種積極採用! 代表・山岸氏が本気で求める人材像とは

[AD]飛躍の時を迎えつつあるNextNinjaは今、全力で新たなチャレンジャーを探している。「全職種積極採用」を掲げる組織戦略と、求める人材像とはいかなるものなのか。代表の山岸氏に直接話を聞いた。

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES