アジア10地域のゲーム市場は2025年までに418億ドル(約4兆7,460億円)の規模になると予測。インドは15億ドル(約1,703億円)に到達か

 中国の調査会社Niko Partnersは同社のレポートにおいて、アジアのゲーム市場に関する2025年までの予測を公開した。対象となるのは、同社が定めるアジア10地域(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、台湾、日本、韓国、インド)。

 Niko Partnersによると、アジアのゲーム市場は今後の5年間(今年含む)で成長を続け、2025年にモバイルおよびPCのゲームユーザーの数が9億4,090万人に達する可能性があるという。そして、市場規模が418億ドル(約4兆7,460億円)になる見込み。

 地域別のレポートでは、インドのゲーム市場が最も成長しており、注目度が高い結果となっている。インド市場は2025年に15億ドル(約1,703億円)に達する勢いで、これは2021年の予測である5億3400万ドル(約606億円)から4年で約3倍の成長を見込んでいることになる。

 インドと言えば、今年初めにKRAFTONが『PUBG MOBILE』を『Battlegrounds Mobile India』としてインド市場に復帰させ、11月時点で約700万ドル(約8億円)の売上を記録。同作を皮切りにゲーム産業の開拓が進んでいる急成長市場だ。

【関連記事】
『PUBG MOBILE』の生涯収益が70億ドル(約8,075億円)を突破。2021年は1日平均810万ドル(約9億3千万円)を創出

 成長の背景にはスマートフォンの普及とデジタル決済システムの改善があり、中国に迫る人口の多さと年齢中央値の若さから、今後の飛躍が期待されている。

 参考までに、CEDEC2021で行われた講演では『Battlegrounds Mobile India』と競い合うバトロワ『Garena Free Fire』のほか、現地で流行しているタイトルとしてFPS『FAU-G』や、アクションADV『Raji: An Ancient Epic』などのインド産ゲームも増えてきていることが紹介された。

【関連記事】
急速な成長を遂げる新興国のゲーム市場とは。圧倒的なユーザーを抱える東南アジア・南アジア・中東の現状【CEDEC2021】

 インドは今後、売上高とユーザー数の両方において、アジアで最も急成長を遂げるゲーム市場になる見込み。特にユーザー数においてはアジア10地域のの中で56%を占める割合となることが予測されている。

 そのほか、アジア市場は今後数年間でいくつかの形で成長を遂げると考えられている。クラウドゲームの市場規模は3倍になり、2025年には約5億人のユーザーに成長するという。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES