『転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚』分析。建国や捕食など原作の魅力を最大限に引き出したシステムが光る

 スマートフォン向けアプリゲームの日々の運用とその効果を調査し、ゲーム関連企業へ様々データを提供するSp!cemart(スパイスマート)。世界各国のゲーム事業者に利用されている同社のサービス「LIVEOPSIS (ライブオプシス)」では、ランキング推移とゲーム内施策を一覧で閲覧できる「イベントカレンダー」やTwitterトレンド情報、毎月発行の調査レポートなどが提供されている。
 
 本稿では、2021年10月28日より配信された『転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚』(開発・配信::バンダイナムコエンターテインメント)の運用施策を分析し、紹介していく。

 

原作の魅力が味わえるシミュレーション&バトルパート

 2021年10月28日にバンダイナムコエンターテインメントより配信されたスマートフォン向けアプリゲーム『転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚』(以下、まおりゅう)。伏瀬氏による原作ライトノベル「転生したらスライムだった件」(以下、転スラ)のTVアニメがベースとなっている作品で、累計150万ダウンロード数を突破するほどの人気作となっている。

 プレイヤーはアニメの主人公・リムルとして仲間を集め、「魔国連邦-テンペスト-」という自身の国を建国・発展させていく。シミュレーションゲームのように自身の国を村から町へ、町から都市へと拡大させていく過程が楽しく、ついついやり込んでしまう魅力がある。

 魔国連邦内はキャラクター視点で自由に歩き回るため、自分の国をじっくりと探索して回るのも面白い。建築には待ち時間を必要としていたり、時間経過によりお金を獲得できる施設があったりと、放置ゲームとしての面白さも用意されていることも特徴的だ。

 ストーリーモードでは原作の物語がアニメーションカットとともに楽しめるパートが用意されているほか、原作者・伏瀬氏監修のオリジナルストーリーが展開。そのほか、各キャラクター達との会話イベントが用意されているなど、『転スラ』に初めて触れるユーザーからシリーズファンまで幅広く楽しめる作りだ。

 敵との戦闘は、ターン制のコマンドバトルで展開。攻撃力アップなどの様々なバフを発動する「加護」、キャラクター固有のスキルを発動する「技能」、強力な必殺技を発動させる「奥義」の3種類のカードをターンごとに選択し、効果を発動させていく。登場キャラクターはそれぞれ3Dで表現されており、敵味方それぞれのスキルや必殺技シーンを華やかに演出してくれる。

 また、敵によってはリムルの能力で“捕食”が可能で、捕食に成功すると新たな能力を手に入れることができるというのも、原作らしさを感じさせてくれるシステムだ。オートや倍速機能が備えられているため、複雑な操作やリアルタイムの判断などは必要なく、手軽にプレイができる点も嬉しいポイントだろう。

 

CBTではユーザーの97.58%が「面白い」と評価

 続いて、本作の事前登録キャンペーンや、リリース後の運用施策について紹介していこう。

【トピック】

2021年5月11日:クローズドβテスト参加者を募集
2021年8月31日:事前登録を開始
2021年9月2日:事前登録者数5万人突破
2021年9月8日:事前登録者数10万人突破
2021年9月21日:事前登録者数30万人突破
2021年10月14日:事前登録者数50万人突破
2021年10月27日:事前登録100万人突破
2021年10月28日:配信開始
2021年11月1日:累計100万ダウンロード達成
2021年11月16日:累計150万ダウンロード達成

 配信の約5ヵ月前となる、2021年5月11日よりクローズドβテストの募集を開始。βテストのユーザーアンケートでは、2,158人のゲームユーザーの内97.58%が「面白い」と回答するなど、圧倒的な高評価の声が寄せられた。

 8月31日より事前登録を開始。公開されたPVでは、リムルの娘という紹介で「シンシヤ」という新キャラクターが登場するなど、原作にはないオリジナル展開がファンからの興味を引いた。

 事前登録開始を記念して、プロデューサーの大西清太郎氏から、ファンへのメッセージ動画が公開。そのほか、「一番くじ 転生したらスライムだった件 ~俺、魔王になったよ~」のコンプリートセットが抽選でプレゼントされるなど、様々なキャンペーンが実施。告知後1週間で事前登録10万人達成するなど、好調なスタートを切る。

 事前登録受付期間中は、人気キャラクターのリムルとヴェルドラによるゲーム紹介PVの公開や、開発の裏話を公開。そのほか、「東京ゲームショウ2021」での番組配信など様々なPRが行われ、事前登録者数は100万人を突破した。

 10月28日、いよいよ『まおりゅう』が配信開始に。リムル役の岡咲美保さんをはじめ、寺島拓篤さん、楠木ともりさん、高橋李依さんら作品に関わる声優陣からの記念メッセージ動画が配信。そのほか、制作陣を交えたインタビュー記事の公開も行われた。

 11月1日には累計100万ダウンロード、16日には累計150万ダウンロードを達成。声優陣がスペシャルゲストとして出演し、最新情報やアプリ内報酬をかけたチャレンジ企画が行われる生放送番組が配信された。12月にはクリスマスメイド服の限定リムルが新たに登場するなど、季節に応じたアップデートも行われている。

 

回数限定の割引セットや、
初心者限定のお得なパックがラインナップ

 本作のマネタイズは、ガチャやスタミナ回復などに使用する魔晶石のほか、キャラクターの成長を促すアイテムなどが30日間受け取れる月額課金(サブスクリプション)が用意されていた。回数限定ではあるが、割引価格での魔晶石の販売もある。

 また、プレイ開始後7日間限定で有償魔晶石300個と★5確定スカウトチケットが入手できるお得なパックもラインナップされていた。詳細について、以下にまとめていこう。

【魔晶石のラインナップ】

・魔晶石10個(120円)<単価:約12円/割引率0.0%>
・魔晶石42個(490円)<単価:約11.7円/割引率2.5%>
・魔晶石85個(980円)<単価:約11.5円/割引率4.2%>
・魔晶石135個(1,480円)<単価:約11円/割引率8.3%>
・魔晶石275個(2,940円)<単価:約10.7円/割引率10.8%>
・魔晶石475個(4,900円)<単価:約10.3円/割引率14.2%>
・魔晶石1000個(1,0000円)<単価:約10円/割引率16.7%>

【割引魔晶石のラインナップ】(回数限定)

・魔晶石350個(2,940円)<単価:約8.4円/割引率30.0%>
・魔晶石600個(4,900円)<単価:約8.2円/割引率31.7%>
・魔晶石1500個(1,0000円)<単価:約6.7円/割引率44.2%>

【パッケージのラインナップ】

・星5戦闘キャラ 覚醒アイテムパック(4,900円)
・【定期パック】マンスリーポーションパック(980円)
・【定期パック】ウィークリリースカウントチケットパック(980円)
・7日間限定!星5キャラ限定パック(2,940円)

 「星5戦闘キャラ 覚醒アイテムパック」は、魔晶石とキャラクターのステータスアップや新たな特性が獲得できるアイテムのセット。定期パックは1日1回、回復薬5個と魔物の国風豪快鍋1個が受け取れるように。回復薬はスタミナ回復、魔物の国風豪快鍋はキャラクターの好感度アップに使用する。

 ガチャは、魔晶石30個で1回、300個で10連(★4以上1体を確定)を回せる。ガチャ選択画面では高レアリティキャラクターのムービーが自動で再生されるなど、購買意欲が刺激される仕組みがあった。

 原作には無いオリジナルエピソードやキャラクターが登場するなど、『転スラ』ファン必見の要素を持った本作。放置系ゲームの要素も取り入れているため、定期的にアプリを起動させたくなる作品に仕上がっている。

 劇場版『転スラ』も2022年秋公開が決定しており、映画公開に向けたコラボ企画や今後の盛り上がりについても期待ができそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
Spicemart
Spicemarthttps://liveopsis.com/
モバイルゲームアプリを専門とする分析会社。モバイルゲーム内運用に関する調査・分析を行うリサーチ事業とコンサルティング事業を展開して、「LIVEOPSIS(ライブオプシス)」というサービス名称で各種ソリューションを提供。サービスに関するお問い合わせは info@spicemart.jp まで。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES