21年12月、世界のモバイルゲーム売上高トップは『PUBG Mobile』が独走。『ウマ娘』は国内配信中心でも世界9位に

 アメリカの調査会社Sensor Towerは、2021年12月の世界モバイルゲーム市場におけるセールスランキングを公開した。セールスランキング1位を獲得したのはテンセントのバトルロイヤルゲーム『PUBG Mobile』、2位はmiHoYoの『原神』、3位はRoblox Corporationの『Roblox』と続いている。 なお、本記事の数字は同社の推計によるものである。

画像は Sensor Tower 「Top Grossing Mobile Games Worldwide for December 2021」より。

 

 2021年12月の詳細について、まずは『PUBG Mobile』から順に見ていこう。本作の売上高は、前年比36.7%増の2億4,400万ドル(約280億円)。収益の約68.3%は『Game For Peace』としてローカライズされた中国によるものだ。

 『Game For Peace』は『PUBG Mobile』のシステムと比べ大きな差異は無いが、倒した敵がフィールドから消失したり、流血表現がカットされるなどの修正が行われている。中国に次いで、アメリカは6.8%、トルコは5.5%の収益だった。

 日本では現在公開中の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」とのコラボが発表されているなど、その人気ぶりはますます熱を帯びることになりそうだ。

 

 2位の『原神』は、1億3,430万ドル(約153億円)の売上高を記録。収益の約28%は中国、次いでアメリカの23.4%という結果となった。

 本作は2022年後半にクラウドゲームサービス「GeForcec NOW」への対応を予定しており、高スペックなPCやスマートフォンでなくてもプレイができるようになるなど、プレイヤーのさらなる拡大を狙っている。

 一方で、キャラクターの肌の露出を抑えた新衣装が実装されるなど、今後は中国の表現規制が強まっていく懸念もある。

 

 3位はRoblox Corporationの『Roblox』、次いでMoon Activeの『Coin Master』、Tencentの『王者栄耀』がランクインしている。

 国内タイトルは、Cygamesの『ウマ娘 プリティダービー』が2021年11月より順位を1つ伸ばし、9位にランクインした。同作は日本で中心に展開しているにもかかわらず、世界売上の上位に食い込むポテンシャルを追っている。今後、韓国をはじめとするグローバル展開が奏功すれば、さらなるランキング上昇が期待できる。

▲韓国版『ウマ娘 プリティダービー』は2022年の配信を予定。韓国のゲームショウ「G-STAR 2021」では、PVや声優陣のインタビュー動画を公開し、話題を呼んだ。

【関連記事】
カカオゲームズ、韓国版『ウマ娘』OP映像を現地ゲームショウで初公開

 

 2021年12月の世界のモバイルゲーム市場は、App StoreとGoogle Playを通じたプレイヤー課金額が推定74億ドル(約8,484億円)と、前年比で2%近い減少を記録した。

 12月の国別による収益は、第1位が22億ドル(約2,522億円)のアメリカで、全世界のプレイヤー支出の29.6%に相当。日本は20.3%で2位、次いでGoogle Playが利用できない中国が15.7%近くを占める結果となった。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES