『バイオハザード RE:3』全世界の販売本数が500万本突破。定期的なセールキャンペーンやPC版の販売強化により

 カプコンは2月8日、PS4/Xbox One/PC用ソフト『バイオハザード RE:3』の販売本数が全世界で500万本突破したことを発表した。2020年4月3日に発売されてから2年弱での記録となる。

 『バイオハザード RE:3』は、1999年に発売した『バイオハザード3 ラストエスケープ』のストーリーや設定にアレンジを加え、自社開発エンジン「RE ENGINE」など先端技術を活用して再構成したリメイクタイトル。

 なお、カプコンのミリオンセールスタイトルの一覧によれば、『バイオハザード3 ラストエスケープ』の累計販売本数は350万本(歴代21番目)とされているため、オリジナル版の売上を超えるセールスを達成したことになる。

 同作は昨年の「東京ゲームショウ2021 オンライン」で発表された「日本ゲーム大賞2021」において、年間作品部門「優秀賞」を受賞。また、継続的なセールキャンペーンやPC版の販売強化といったデジタル販売戦略の推進により、着実にユーザー層を拡大していた。

 直近でも、1月28日から上映開始した映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』公開を記念して、「バイオハザード」シリーズのデジタルセールを2月9日まで各ストアで開催。

 カプコンはこれまでに、デジタル販売を主軸とした事業戦略のもと、販売地域の拡大と長期販売を実現(2021年3月期連結業績)。ソフト発売の初動以降もグローバルで継続的に売り続けるスタイルを確立している。

 『バイオハザード RE:3』に関しても、2021年末の時点では490万本と公表されていたことから、およそ1ヶ月のうちに追加で10万本を売り上げた形になる。

 「バイオハザード」IPを見渡すと、2021年10月8日に『バイオハザード7 レジデント イービル』が1000万本、2021年10月29日には『バイオハザード ヴィレッジ』が500万本を突破。

【関連記事】
『バイオハザード7』が全世界で1,000万本を突破。デジタル販売の促進や最新作とのバンドル版投入による相乗効果がカギに
『バイオハザード ヴィレッジ』が全世界で500万本を突破

 また、同じくリメイクタイトルである『バイオハザード RE:2』も2019年12月4日時点で500万本を達成しており(2019年12月11日のニュースリリース内)、2021年末には930万本まで売上を伸ばしている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES