2022年2月の日本モバイルゲーム市場ダウンロード/セールスTOP10 『ヘブンバーンズレッド』が好スタート

 人工知能を駆使した統合データを扱うdata.ai(旧社名:App Annie)は、同社のブログにおいて「2022年2月、日本モバイルゲーム市場におけるダウンロードランキングおよびセールスランキング」を発表した。

 2022年2月、日本市場のモバイルゲーム市場におけるダウンロードランキングには新作RPG3本とアクションゲーム2本が含まれ、data.aiの分析によれば、日本市場のゲームパブリッシャーがよりハードコアゲーマーを取り込もうとする傾向があることを示しているという。

▲2022年2月、日本市場のモバイルゲーム市場におけるダウンロードランキング
画像はdata.ai「【最新榜单】2022 年 2 月热门市场游戏应用下载/收入榜 – 日本市场」より

 中でも、『ヘブンバーンズレッド』は2月10日にリリースされてすぐにダウンロードランキングで首位を獲得し、後述するセールスランキングにも、リリースされてからの日数が少ないにも関わらず10位にランクイン。3月に入ってからはセールスランキングで1位を獲得するなど、好調なスタートとなっている。

【関連記事】
モバイル向けRPG『ヘブンバーンズレッド』大ヒット。配信3日で100万DL突破、セールスランキングは2位まで上昇
『ヘブンバーンズレッド』App Storeセールスランキングで1位獲得。第三章開幕に関連したゲーム内施策が寄与

▲2022年2月、日本市場のモバイルゲーム市場におけるセールスランキング

 セールスランキングにおいて1位と3位にランクインした『ウマ娘 プリティーダービー』と『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』は、アニバーサリー記念の施策を展開。大々的なマーケティングも行われ、特に『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』は先月よりも12ランク上昇。両アプリとも、新キャラの実装やTwitter上でのフォロー&RTキャンペーンを実施していた。

▲『ウマ娘』はTwitter上でバレンタイン施策も展開

 2位の『モンスターストライク』はこの期間、TVアニメ「ワールドトリガー」とのコラボイベントを開催。『モンスト』公式Youtubeチャンネルに投稿されたコラボCMは現在までに110万を超える再生回数を記録しており、大きな注目が集まっていたことがわかる。

 また、1月27日にスマホ版がリリースされたカードゲーム『遊戯王マスターデュエル』も順調に推移。ゲーム内初となるイベントの開催や、新ストラクチャーデッキの販売開始などを行っていた。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES