2D対戦格闘ゲーム『MELTY BLOOD: TYPE LUMINA』全世界累計販売本数27万本を達成 初の公式大会が4月10日に開催

 ノーツとアニプレックス、ディライトワークスで構成するProject LUMINAは、2D対戦格闘ゲーム『MELTY BLOOD: TYPE LUMINA』の販売本数が、全世界累計27万本を達成したことを発表した。

 発表にあわせ、本作初の公式大会となる『MELTY BLOOD: TYPE LUMINA』Official Tournamentが、2022年4月10日よりオンラインにて開催されることが決定。

 3月14日に予選1回目のエントリーが開始されたが、ものの3時間後には予定数を達成し、受付を終了していた。予選2回目の日程告知については準備が整い次第、アナウンスが行われていくとのことだ。

 『MELTY BLOOD: TYPE LUMINA』は、長編伝奇ビジュアルノベル『月姫 -A piece of blue glass moon-』の世界観をベースにした、2D対戦格闘ゲーム。2021年9月の販売初日に累計販売本数15万本を達成し、Steamの売り上げランキングでは1位を獲得。

 2022年8月に開催される世界最大規模の対戦格闘ゲームトーナメント「Evolution Championship Series 2022(EVO 2022)」では、本作がメイントーナメント種目に決定。国内だけでなく、世界的にも高評価を得ている作品だ。

 2022年1月には、DLC第1弾として、プレイアブルキャラクターの蒼崎青子と死徒ノエルが追加。各キャラクターのストーリーに加え、新ステージもあわせて配信されていた。

 『MELTY BLOOD: TYPE LUMINA』大会の配信では、トーナメントの様子に加え、本作の最新情報も公開されるとのこと。キャラクターの追加や新ストーリー、ステージ情報など、DLC第2弾の情報にも期待したいところだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES