『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』累計販売本数が350万本を突破 「日清焼そばU.F.O.」とのコラボも開始

 コナミデジタルエンタテインメントは、Nintendo Switch用ソフト『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』が、3月22日(火)に累計販売本数が350万本を突破したことを発表した。2021年6月に累計販売本数300万本を突破していたことから、約9か月で50万本もの販売数を伸ばした計算になる。

 販売本数のほか「日清焼そばU.F.O.」とのコラボレーションも発表。3月24日の無料アップデートにより、ゲーム内に隠された100体の「U.F.O.」を探し出すというイベントが実装される予定だ。コラボレーションに合わせて「U.F.O.」のスクリーンショットを投稿するSNSキャンペーンも実施されるとのこと。

 また、今月下旬から発売される「プチU.F.O.」の限定パッケージには、濃い濃いソース顔の桃太郎が登場。限定パッケージのフタ裏に記載されたパスコードをコラボ特設サイトで入力することで、ゲーム内で利用可能な「U.F.O. 濃い濃い列車」のダウンロード番号が入手できる仕様となっているそうだ。

 「桃太郎電鉄」シリーズは、1988年の第1作発売以来、30年以上にわたり幅広い年代の方々に楽しまれている国民的ボードゲーム作品。

 シリーズ最新作である『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』は、最大4人でのオンライン対戦が楽しめるほか、日本の地理や名産が学べるといったゲーミフィケーションの点からも多くの注目を集めている。

 3月16日には、『桃太郎電鉄 都道府県 100のクイズ』や『桃太郎電鉄 桃鉄をさがせ!! ~日本全国さがしあそび地図~』といった、地理の学習にフォーカスした書籍が販売されていた。

 食品業界とのコラボは、3月9日に回転寿司チェーン「スシロー」とのコラボを開催したばかり。キャラクターIPを活かし、「キングボンビーすし」や「ミニボンビーすし」といった限定メニューの販売が行われていた。

 日本全国を舞台としている人気作ということもあり、今後も幅広いコラボ展開が実施されていくことになりそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES