2021年度、米国のモバイルパズルゲームにおける消費額は前年比4.2%増の約6,400億円に

▲画像はSensor Tower「U.S. Mobile Puzzle Game Spending Rises by 4.2% Year-Over-Year to $5 Billion」より

 アメリカの調査会社Sensor Towerは同社のブログにおいて、米国のモバイルパズルゲームについての調査データを公開した。なお、本記事の数字は同社の推計によるものである。

 Sensor Towerによると2021年4月1日から2022年3月31日の期間、米国のモバイルパズルゲームにおける消費額は前年比4.2%増の50億ドル(約6,412億円)に。規模は拡大しているものの、これまでの成長に比べてこの1年で大きく減速したことがうかがえる(2020年度は前年比で33%以上増加)。

 とはいえ、中でもKingの『キャンディークラッシュ』(Candy Crush Saga)や『キャンディークラッシュソーダ』(Candy Crush Soda Saga)などの「Classic Match 3」(Sensor Towerのジャンル分類による名称)が16億ドル(約2,052億円)の売上を記録。内訳としては『キャンディークラッシュ』が8億4550万ドル(約1084億円)で最も消費額が大きく、Playrixの『ホームスケイプ』(Homescapes)と、『キャンディークラッシュソーダ』がそれぞれ1.5億ドル(約192億円)の売上で続いた。

 また、同期間のパズルゲームのダウンロード数は約5億5400万となり、前年比で20%近い減少となった。これは、2020年度にコロナ禍におけるロックダウンの影響で世界的にダウンロード数が増加していたことから、2021年度に規制が緩和したことを受けての減少がひとつの理由に考えられる。参考までに、2020年度のダウンロード数は、前年度と比べて5%増の数字となっている。

 タイトル別のダウンロード数トップはMagic Tavernの『Project Makeover』(プロジェクト・メイクオーバー)で、累計1450万ダウンロードを達成。2位はPeopleFunのワードパズル『Wordscapes』、3位は『キャンディークラッシュ』となった。

▲『Wordscapes』

 Sensor Towerのサブジャンル分類によると、パズルにおける「Classic Match 3」(『キャンディークラッシュ』等)は2021年度、11のサブジャンルの中で最も収益を生み出し、前述の通り16億ドルの消費額を記録し、前年比12.3%増に。そのほか、最も収益が伸びたサブジャンルはGood Job Games の 『Zen Match』 や Rovio の 『Angry Birds Blast』 などのタイトルを含む「Other Match 3」で、前年比 101.3%増の約1億6,100万ドル(約206億円)に達した。なお、各サブジャンルはそれぞれ異なる数のタイトルで構成されている。

 また「Other Puzzle」は、Tripledot Studiosの『Woodoku』やUnico Studioの『Brain Test』などが含まれ、1億6400万のDLを記録し、最もダウンロードされたサブジャンルとなった。2021年度はすべてのサブジャンルでダウンロード数が減少したが、「Other Match 3」が最も減少幅が小さく、前年比2.2%減に留まった。

 ダウンロードあたりの収益(RPD =Revenue Per Download)を分析すると、「Classic Match 3」がトップとなり、ダウンロードあたり約47ドルの支出を記録した。2位は『トゥーンブラスト』などを含む「Tiles Blast」、3位は『ホームスケイプ』や『Project Makeover』の「Puzzle & Decorate」となった。なお、この指標は生涯RPDではなく、あくまでも1年間の数値である。

 「Puzzle & Decorate」で特筆すべきタイトルとして、Dream Gamesの『Royal Match』が、昨年最も成功し、急成長したモバイルパズルゲームのひとつとして挙げられる。2021年2月にリリースされたこのタイトルは、1年の間に米国で2億840万ドル(約267億円)の消費を生み出した。その収益は四半期ごとに上昇しており、2022年第1四半期には6700万ドル(約86億円)でピークに達している。

 そのほか「Merge」ジャンルはここ数年、モバイルゲーム業界でトレンドに。Gram Gamesの『マージドラゴン』(Merge Dragons)やBig Fish Gamesの『エバーマージキングダム』(EverMerge)といったタイトルに牽引され、前年比5%増の2億9830万ドル(約383億円)の売上を記録。

 このジャンルで急成長しているのはMetacore Gamesの『Merge Mansion』で、期間中に4800万ドル以上(約62億円)を売り上げ、2021年度のパズルゲームのセールスランキングで第21位にランクイン。2022年第1四半期だけでも1760万ドル(約23億円)を記録した。

▲Merge Mansion

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES