『デビル メイ クライ 5』世界累計販売本数が500万本を突破 2019年のリリースから息長くセールスを伸ばし続ける

 カプコンは、自社開発のアクションゲーム『デビル メイ クライ 5』の世界累計販売数が500万本を突破したことを発表した。

 「デビル メイ クライ」シリーズは、個性豊かなキャラクター達が織り成す、爽快なバトルアクションが特徴の作品。シリーズ累計出荷本数は2,500万本(2021年12月31日時点)で、カプコンの看板タイトルのひとつだ。ちなみに、シリーズ累計販売本数トップ5は以下の通り。

①「バイオハザード」シリーズ:1億2,300万本
②「モンスターハンター」シリーズ:7,800万本
③「ストリートファイター」シリーズ:4,700万本
④「ロックマン」シリーズ:3,700万本
⑤「デビル メイ クライ」シリーズ:2,500万本

 シリーズ最新作である『デビル メイ クライ 5』がリリースされたのは、2019年3月のこと。カプコンが独自開発したゲームエンジン「RE ENGINE」による美麗なグラフィックと、世界中のプレイヤーとリアルタイムにマッチングできるオンラインシステムが好評で、発売後2週間足らずで全世界200万本の販売を達成していた。

 2020年11月には、新キャラクターやレイトレーシング、高フレームレート、ゲームスピードが1.2倍になる「TURBOモード」などを追加した『デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション』がリリース。

 2021年9月には「デビル メイ クライ」シリーズ20周年を記念したセールが実施されていたことも、販売数を伸びした要因になっているのだろう。

 「デビル メイ クライ」シリーズの続編など、今後の展開についても期待したいところ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES