『It Takes Two』が累計販売本数700万本突破 世界的に高い評価を受けた協力アクションアドベンチャー

 Hazelight Studiosは、同社が開発したPS5/PS4/ Xbox Series X|S/Xbox One/PC(Steam、Epic Games Store、Origin)向けアクションADV『It Takes Two』について、累計販売本数が700万本を突破したことを発表した。

 2021年3月のリリース以来、1ヵ月足らずで100万本を達成し、同年6月に200万本、10月に300万本を記録。その後、2022年2月に500万本を突破していた(関連記事)。今回はそこから約5ヶ月で200万本を追加で売り上げた形。

▲700万本突破が報告されたツイートには、主人公のひとり「コーディ」を演じるJoseph Balderrama氏が、作中に登場するゾウのぬいぐるみ「キューティ」を抱えている画像が添えられた。

 同作は2021年末ごろから、「The Game Awards 2021」など権威あるアワードで「Game of the Year」(GOTY)を含む複数の賞を受賞しており、それもあってか販売ペースはあまり衰えていないようだ。

 『It Takes Two』は、全編がCo-op(協力)で進行するアクションアドベンチャーゲーム。魔法にかけられて人形になった仲違い中の夫婦であるコーディとメイを操作して、困難に挑んでいく内容。夫婦の関係を描いたストーリーや、多彩なCo-op専用アクションによるテーマパーク的な遊びが特徴的。

 また、オンライン協力プレイでは片方のユーザーがゲームを所持していれば無料でプレイできる「フレンドパス」システムがあるのも画期的な要素のひとつ。

 現在、『It Takes Two』のテレビ番組化・映画化も進行中とのこと。映像化によってさらにユーザーを拡大するか、注目だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES