『バイオハザード RE:2』が世界累計販売本数1000万本を突破 最新機種版の発売や定期的なセールを実施

 カプコンは7月14日、『バイオハザード RE:2』が全世界での累計販売数1000万本を突破したことを発表した。これは同社の『モンスターハンター:ワールド』、『バイオハザード7 レジデント イービル』、『モンスターハンターライズ』に続くマイルストーン達成となる。

【関連記事】
『モンスターハンターライズ』が全世界で1,000万本を突破 大型拡張コンテンツ『サンブレイク』は発売5日で200万本突破
『モンハンライズ:サンブレイク』が発売2週間で販売本数300万本を突破 継続的なアップデートを実施し、長期的な販売を目指す

 2019年に発売された『バイオハザード RE:2』は、『バイオハザード2』(1998年発売)を原作とし、最新の技術を駆使して現代化したリメイク作品。原作を尊重しつつも、新しいアイデアを盛り込んだ同作は、発売年にイギリス最大級のゲームアワード「Golden Joystick Awards」でGOTYを獲得するなど、数々のゲームアワードでも評価を受けている。

 投資家向けに公開されているミリオンセールスタイトルの一覧によれば、同作は2022年3月31日時点では累計販売本数960万本が報告されていたため、そこから約3ヶ月で40万本を追加で打ち上げた形。

 今年6月14日には、『バイオハザード7 レジデント イービル』、『バイオハザード RE:3』と共に、PS5/Xbox Series X|S版(最新機種版)が販売開始。レイトレーシング、ハイフレームレート、3Dオーディオに対応し、現行のプレイ環境に合わせたアップデートを実施した。

 これに加えて、定期的に行っているセールキャンペーンが販売促進に寄与したと考えられる。

 また、この発表にあわせて同日(7月14日)からNetflix実写ドラマシリーズ「バイオハザード」の全世界配信がスタートしている。

 さらに今後、10月28日には 『バイオハザード ヴィレッジ』のDLCである「ウィンターズ エクスパンション」の配信を、2023年3月24日にはリメイク最新作『バイオハザード RE:4』の発売を予定。「バイオハザード」IPの更なる拡大に注目だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES