スクエニの新作『鋼の錬金術師 MOBILE』が好スタート リリースから2週間で1,400万ドル(約19億円)の売上を記録

 米市場調査会社Sensor Towerは同社のブログにおいて、『鋼の錬金術師 MOBILE』についてリリース後14日間の売上データを公開した。なお、本記事の数字は同社の推計となる。

 Sensor Towerによると、2022年8月4日にリリースされた『鋼の錬金術師 MOBILE』は好調な滑り出しを見せているという。リリースから14日間の収益は、スクウェア・エニックスの同期間のモバイルゲーム収益の30%を占めるとされ、同社の新たな収益タイトルとして期待できる結果となった。

 『鋼の錬金術師 MOBILE』は、全世界シリーズ累計で8,000万部を突破したダークファンタジーコミックス「鋼の錬金術師」(ガンガンコミックス/スクウェア・エニックス)をベースにしたスマホRPG。3DCGで原作の世界観が再現され、原作さながらのストーリーが追体験できるのが特徴。

 リリース時点で原作に登場した40体以上のキャラクターたちが参戦し、キャラクターの魅力を掘り下げる「サイドストーリー」のほか、さらなるステータス強化を模索できる「錬成」機能、特殊ルール下でバトルに挑戦する踏破型コンテンツなどが実装されている。

 また、収益面においても好スタートとなった。日本のApp StoreのTop Grossingランキングを見ると、リリース初日から2位にランクインし、8月10日には一度ランクを下げたものの、その後はTop10圏内をキープ。

 さらに、リリースから2週間(2022年8月4日~8月17日)の収益成長量は1,400万ドル(約19億円※)を超えて2位となっており、1位の『Fate/Grand Order』に迫る勢いに。

※執筆時点の最新取引レートで計算

 2022年8月4日~8月17日のスクウェア・エニックス全体のモバイルゲーム収益割合を見ても、大きなインパクトを確認できる。同期間における『鋼の錬金術師 MOBILE』は、同社収益の30%を占めており、トップとなっている。2位の『ドラゴンクエストウォーク』、3位『ドラゴンクエストタクト』を超える割合で、同社の新たな収益タイトルになる可能性を示唆した。

 2022年8月19日からはTVCMの放映が始まり、これを記念して最大ガチャ20回分の招集コインがもらえる「TVCM放映記念ログインボーナス」キャンペーンもスタート。2022年9月には東京・秋葉原でコラボカフェも開催予定となっている。

▲TVCM放送記念のTwitterキャンペーンでは、約3.3万件のRTを獲得。

 ゲーム内ではこれまで、リリース記念パックに加えてランキング上位記念、お盆休みキャンペーンなど複数の施策を展開し、高いセールスの維持を図っている。

▲アプリ分析ソリューション「LIVEOPSIS」で確認すると、セールスランキングは8月19日以降、やや下降傾向。※クリックで画像を拡大し、施策の種類を確認可能。

 なお、8月10日にはスクウェア・エニックスが100万ダウンロード突破を発表しており、翌11日から「100万ダウンロード記念キャンペーン」を開催していた。内容は、2022 年 8 月 11 日~2022 年 9 月 11 日の期間中、10 回無料でガチャが引けるというもの。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES