『Call of Duty: Modern Warfare II』リリース後3日間で全世界での売上が8億ドルを突破 シリーズ史上最大のローンチ売上に

 Activisionは11月1日、同社が10月28日に全世界で発売した『Call of Duty: Modern Warfare 2』について、リリース後3日間の売上が8億ドル(約1,173億円)を超えたことを発表した。

 これは、数十年続くシリーズの中で史上最大のローンチ売上記録となり、これまで、2011年発売の第8作目『Call of Duty: Modern Warfare 3』が5日間で達成した7億7,500万ドルの売上を上回るもの。

 発表によると同期間中、あわせてユニークプレイヤー数とプレイ時間のシリーズ記録も更新したという。また、PS Storeからも「Call of Duty」シリーズ史上最大のローンチとなったことが報告されている。

 『Call of Duty: Modern Warfare 2』は、2019年に発売されたリブート版『Call of Duty: Modern Warfare』(オリジナル版は2007年発売の『Call of Duty 4: Modern Warfare』)の続編として、2009年のオリジナル版と同名のタイトルでPS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/PC(Steam,Battle.net)向けに発売。設定や物語、各ゲームモードの遊び方などはオリジナル版から大きく異なる。

 なお参考までに、執筆時点でSteamにおける同作のレビューは5.5万件以上に上り、55%のユーザーが好評価とする「賛否両論」の値に位置している。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES