『ウィッチャー3 ワイルドハント』の国内累計販売本数が100万本を突破

 CD PROJEKT REDは12月2日、同社の『ウィッチャー3 ワイルドハント』について、日本での累計販売本数が100万本を突破したことを発表した。あわせて、記念イラストが公開されている。

 

 『ウィッチャー3 ワイルドハント』は、日本では2015年5月にPS4/Xbox One向けソフトとして発売されたオープンワールドRPG 。ゲーム内では、「ウィッチャー」と呼ばれる怪物退治の専門家である主人公・ゲラルトとなり、行方不明になった養女シリを捜索しつつ、本業である怪物退治をこなしていく。

 
 

 国内での販売をスパイク・チュンソフトが担当する。シリーズで初めて日本向け完全ローカライズが行われた。12月14日には新世代機向けのアップデート配信を予定しており、今後さらなるロングセラーにも期待できそうだ。

 

 なお、CD PROJEKT REDの第3四半期決算では、初代『ウィッチャー』の完全リメイクになると発表されていた作品について、「ストーリー主導のシングルプレイ・オープンワールドRPG」となることが明らかになっている(関連記事)。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES