2022年11月、中国モバイルゲーム企業のグローバル収益ランキング 『NIKKE(ニケ)』ヒット効果でテンセントが好調

 米国の調査会社Sensor Towerは同社のブログにおいて、2022年11月の世界モバイルゲーム市場における中国パブリッシャーのセールスランキングを公開した。なお、本記事の数字は同社の推計によるものである。

 2022年11月、世界のモバイルゲームパブリッシャーの売上トップ100には中国企業が43社含まれ、前月比11.3%増の20億7,000万ドル(約2,826億8,000万円)を生み出した。これは、トップ100の売上のうち40.2%を占める。なお、この数字には中国におけるサードパーティーのAndroid向けストア(TapTapなど)の売上は含まれていない。

▲中国モバイルゲームパブリッシャーのグローバル収益トップ30

 テンセント(Level Infinite)は11月4日、グローバル市場で放置系シューティングRPG『勝利の女神:NIKKE』(ニケ)を配信開始。発売直後に米国、日本、韓国のApp Storeダウンロードチャート、およびセールルチャートで上位にランクイン。総売上は1億米ドルを突破している。

【関連記事】
『勝利の女神:NIKKE』がリリース後1ヵ月で売上1億ドルを達成 収益の半分以上を日本市場が占める

 このタイトルに牽引され、テンセントの11月収益は前年同期比20%増となった。また、日本市場におけるモバイルゲームパブリッシャーの収益では、コナミ、スクウェア・エニックス、バンダイナムコに続く第4位にランクインしている。

 miHoYo(HoYoverse)は11月2日、『原神』のVer.3.2アップデートを実施。そして、アップデート当日のフローが今年これまでで最高の値を記録した結果、miHoYoの11月収益は前年同期比47%増となり、世界モバイルゲーム企業におけるセールスランキングでテンセント、Activision Blizzardに次ぐトップ3に返り咲いた。

 Yoastarは『アークナイツ』と『雀魂』が日本市場で大規模なキャンペーンを行い、収益が前年同期比で73%急増。特に『雀魂』は期間中、TVアニメ「咲-Saki-全国編」とのコラボ第二期を開催。麻雀ベースのタイトルとしては非常に珍しく、App Storeのセールスランキング首位を獲得した。

【関連記事】
『雀魂』がApp Storeセールスランキング1位を獲得 TVアニメ「咲-Saki-全国編」とのコラボ第二期が大きく寄与

 Nuverse(朝夕光年)のカードバトルゲーム『MARVEL SNAP』は、10月の収益も過去最高となり記録更新。パブリッシャーの収益は前年同期比45%増となり、5ランクアップの17位へと好調に推移した。『MARVEL SNAP』の総売上は、現在2,000万ドル(約27億3,000万円)を突破している。

 Century Gamesの3Dカジュアル放置系RPG『ベイラーレジェンド: Idle RPG』(Valor Legends: Dog Rescue)は、9月末に「犬を救出するミニゲーム」を追加。ハイパーカジュアルゲームとして人気の『Save the Doge』を模倣したミニゲームとなっている。

 ストアページでもミニゲームを大々的に表示し、模倣元タイトルの人気に乗っかった戦略でダウンロードに誘導した結果、収益が過去最高となり、11月の収益は前年同期比222%増に。パブリッシャー収益のチャートで27位まで浮上した。

▲参考:WONDER GROUPの『Save the doge』

 AISNO Games(自意网络)はタワーディフェンス『無期迷途』を、8月に中国でリリースした後、10月末にグローバル市場でリリース。海外でヒットし、パブリッシャー収入は前年同期比209%増となり、ランキング30位に初登場した。

▲中国App Storeにおけるモバイルゲーム売上トップ20

 一方、中国App Storeのセールスチャートでは、Riot Gamesの『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』が11月18日に3.5パッチのアップデートが実施され、新キャラクターなどのコンテンツにより、ゲーム収益が21%増加。

 Yosterの『アークナイツ』は3.5周年記念イベントの開始により、収益は前年同期比340%増。パブリッシャー収益チャートでは25位に返り咲いた。

 thatgamecompanyの『Sky 星を紡ぐ子どもたち』(現地運営:ネットイース)は10月末から11月にかけて実施したイベント「いたずらな日々(2022)」と「分かち合いの日々(2022)」により収益が大幅に増加し、11 月の収益は前年同月比 48%増となり、9位に躍進した。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES