リメイク版『魔法使いの夜』全世界累計出荷本数が11万本突破 10年の時を経て蘇ったTYPE-MOONの正統派ビジュアルノベル

 

 TYPE-MOONは、2022年12月8日に発売したPlayStation4・Nintendo Switch向けソフト『魔法使いの夜』について、 全世界累計出荷本数(パッケージ版の出荷本数とダウンロード版の販売本数の合計)が、12月12日をもって11万本突破したことを発表した。

 旧作のリメイク及び、コンシューマハードのノベルゲームでありながら、発売早々に販売本数10万本以上を記録することは異例といえる。

 

 
 
 

 本作は、2012年に発売したビジュアルノベル『魔法使いの夜』のリメイク作品だ。華やかさと活力に満ちた1980年代を舞台として、世間知らずの少年と”魔女”と称される2人の少女とが織りなすジュブナイルストーリーである。

 PC版からのアップデート内容として、ファン待望のフルボイス化に加えて、画像や映像素材のフルHD化を行うことで、他に類を見ない豊かな映像を実現している。各種画像素材を巧みに使用した演出が、緊張感のあるバトルシーンはもちろん、日常のシーンにも生かされており、時にアニメーションを思わせる動きは、ユーザーのテキストへの没入感をさらに深めている。

 今回の販売本数は年々高まるTYPE-MOON作品の知名度も寄与しているだろう。同ブランドは、長編伝奇ビジュアルノベル『月姫』をはじめ、モバイルRPG『Fate/Grand Order(FGO)』など、多数のヒット作を持つ。なかでも後者の『FGO』は国内はもとより、海外版がアジア圏を中心に大ヒット。

 リメイク版『魔法使いの夜』では、英語に加えて中国語(簡体字・繁体字)の言語にも対応しており、販売内訳は明かされていないものの、海外における販売本数も一定数あったことがうかがえる。

 『魔法使いの夜』はPlayStation4・Nintendo Switch向けに好評発売中だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES