『トライアングルストラテジー』全世界出荷+DL販売本数100万本突破 三国の群像劇をHD-2Dで描いたタクティクスRPG

 

 スクウェア・エニックスは12月21日、同社のNintendo Switch/PC(Steam)向けソフト『トライアングルストラテジー』について、全世界累計出荷+DL販売本数が100万本突破したことを発表した。

 

 『トライアングルストラテジー』は、「ブレイブリー」シリーズや『オクトパストラベラー』で知られる、スクウェア・エニックスの浅野智也氏率いるチームが手掛けた完全新作タクティクスRPG。2022年3月4日にNintendo Switchで発売された。

 ドット絵と3DCGが融合した「HD-2D」で描かれる幻想的なグラフィックと、位置取りと高低差を活かした戦略的なバトル、そしてプレイヤーの選択によって変化する重厚なストーリーが特徴。ゲーム内では戦乱の大地ノゼリアを舞台に、さまざまな陰謀が交差する三国の群像劇が描かれる。

 

 発売から2週間後の3月18日には、累計出荷+DL販売本数が日本およびアジア地域で20万本以上を突破し、全世界累計で80万に迫る本数を記録したことを発表した(関連記事)。そこから約9ヵ月を経て、今回のミリオンセラーを記録した。

 ロングセラーを記録しただけではなく、2022年10月13日に発売されたPC版(Steam)も後押ししたことがうかがえる。今回の大台達成を記念して、Switch版/PC版含めて40%OFFセールを実施している。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES