OMOCATのホラーRPG『OMORI』累計販売本数100万本突破 PC版の発売から2年

 OMOCATは2022年12月31日、同社のホラーRPG『OMORI』について、累計販売本数が100万本を突破したことを発表した。2020年12月の発売から2周年となるタイミングでのマイルストーン達成となった。

 

 『OMORI』は、ひきこもりの少年が主人公のホラーRPG。味方とエネミーの「感情」を用いたターンベースのバトルと、精神的な恐怖を描いたサイコホラー要素が特徴。また『MOTHER』や『ゆめにっき』をはじめとした日本のRPG作品、および日本のアニメ・漫画などの文化に影響を受けていることも特徴のひとつ。

 

 同作は米インディースタジオOMOCATのウェブコミックを原作とし、2014年にKickstarterのクラウドファンディングを通してプロジェクトがスタートした。その後、紆余曲折を経て2020年12月25日にPC向けで発売され、のちに日本語にも対応。2022年6月にはコンソール向けの移植も行われている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES