『モンハンライズ:サンブレイク』全世界販売本数が500万本を突破 『モンハンワールド:アイスボーン』も1000万本突破

 カプコンは1月18日、『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の全世界販売本数が500万本を突破したことを発表した。あわせて、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』も1,000万本を突破したことを明らかにしている。

 『モンスターハンターライズ:サンブレイク』は、狩猟アクション『モンスターハンターライズ』の大型有料拡張コンテンツで、新たなストーリー、フィールドやモンスター、武器ごとのアクションなどが追加されたもの。2022年7月には発売2週間で販売本数300万本を突破するなど、大ヒットを記録していた。そこから約半年で、さらに200万本を積み上げた形関連記事)。

 なお、『モンスターハンターライズ』は累計販売1,100万本を突破(2022年10月時点)している。2023年1月20日にはNintendo Switch/PC(Steam)に加え、PS/Xboxプラットフォームでも発売するなど、マルチプラットフォームでの更なる展開を行っている。『サンブレイク』に関しても2023年春に同様の展開が予定されている。

 一方、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は、2022年3月時点で920万本を報告されていたことから、1年弱の間に80万本を追加で売り上げた。同作は『モンスターハンター:ワールド』の大型拡張コンテンツとして2019年9月に発売され、ロングセラーを記録している作品。

 これらのタイトルは継続的なアップデートに加え、定期的なセールキャンペーンを実施。『モンスターハンターライズ』および『サンブレイク』は前述の通りマルチプラットフォームでの展開も強めており、息の長いセールスが期待できる。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES