2021年、動画配信(VOD)市場全体は前年比19.0%増の4,614億円に。2026年には7,241億円に到達か

 GEM Partnersは2月18日、「動画配信(VOD)市場5年間予測(2022-2026年)レポート」を発行した。

 レポートでは2021年の動画配信(VOD)市場規模推計と、その後2026年までの市場規模を3つのシナリオで予測。ほかにも定額制動画配信(SVOD)のサービス別市場シェア推移をはじめたとした調査結果が明らかになっている。

  

2021年、VOD市場“全体”の規模は
推計4,614億円(前年比+19.0%)と伸長

 GEM Partners調査による「動画配信/放送/ビデオソフト市場 ユーザー分析レポート」の結果などを基に、「定額制動画配信(SVOD)」「レンタル型動画配信(TVOD)」「動画配信販売(EST)」を合わせた2021年の動画配信市場全体の規模を推計すると、前年比19.0%増の4,614億円となった。

 2020年以降、コロナ禍においてホームエンタテイメントへの関心が高まっており、2021年も衰えることなく、市場は拡大を続けている。

 

SVOD市場では「Netflix」が3年連続No.1を獲得
最も規模を拡大したのは「ディズニープラス」

 定額制動画配信(SVOD)市場は前年に続き、多くのサービスで規模が拡大。その結果、市場全体の規模も大きくなり、2021年のSVOD市場規模は前年比19.9%増の3,862億円と推計されている。

 サービス別の市場シェア推計は、2019年、2020年でシェア1位となった「Netflix」が、2021年でも23.1%(前年比+3.1pt)の最大シェアを占め、3年連続で1位を獲得。

 続く「Amazonプライム・ビデオ」は12.0%(前年比-1.0pt)と前年からシェアを落としたものの2位、日本勢で最も高いシェアを獲得したのは「U-NEXT」の11.5%(前年比+0.1pt)で3位となった。

 一方、前年と比べて最も規模が拡大したのは「Disney+」(ディズニープラス)で、2020年時点でのシェア3.9%から2021年は6.0%に増加、推計売上は前年比86%増に。この成長率は全サービス内で最も高い値で、シェアランクも前年8位から6位に上昇した。

 「ディズニープラス」は2021年10月27日に大幅なリニューアルを行い、ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズ、ナショナル ジオグラフィックなど多くのオリジナル作品に加え、国内外のドラマ、アニメなどを扱うブランド「スター」をラインアップに追加。大幅なコンテンツの拡充を図っていた。

 

VOD市場の全体規模はベースシナリオで
2026年には7,241億円に到達

 消費者調査の結果、日本とアメリカの動画配信のこれまでの普及実績、また新型コロナウイルスの流行の影響をどこまで加味するかを踏まえ、2026年までの動画配信市場全体の成長スピードを「ベース」「楽観」「悲観」の3つのシナリオで試算。

 「ベース」シナリオでは、現状の日本の動画配信市場の成長スピードがコロナ流行前の米国と同程度で鈍化していく見込み。その前提に立つと2021年から2026年にかけて年平均9.4%で成長し、2026年には7,241億円まで拡大する結果となる。

 DVD・BD市場は今後も縮小すると予測されるが、動画配信市場がそれを上回るペースで拡大し、「ベース」シナリオの“DVD・BD”と“動画配信“をあわせた市場規模全体では2026年にむけて年平均成長率4.9%で拡大する予想となっている。

 商品レポートでは、SVODのほか、TVOD、ESTに関してもサービス別の市場規模とシェアの推移を掲載。また、前述の「ベース」のほか、「楽観」「悲観」のシナリオからも市場規模を推計している。さらに、上記推計ロジックを詳細に記述しているため、推計方法の確認も可能。

    

レポート概要

GEM Partners「動画配信/放送/ビデオソフト市場 ユーザー分析レポート*」「定額制動画配信サービス ブランド・ロイヤリティ調査」「SVOD利用プラン調査」 、総務省統計局「人口推計」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」、総務省「通信利用動向調査」、米国The DIGITAL Entertainment Group「Home Entertainment Report」および各社IR、報道発表資料、Webサイトを用いて分析。なお、消費者がSVOD、TVOD、ESTに関わらず、動画配信サービス事業者に支払った金額の総額を動画配信の市場規模と定義しており、広告主が動画配信サービス事業者に支払う広告費は含まない。また、映画、ドラマ、アニメに加え、ミュージックビデオ、アダルトなど全ての映像コンテンツを含む。

【発行日】2022年2月18日(金) ※英語版は2月25日(金)発行予定
【提供ファイル】レポート(PDF)、データ集(Excel)
【総ページ数】25ページ
【販売方法】ダウンロード
【価格】
・日本語版(PDF、データ集)33万円(税込)
・日本語版・英語版セット(PDF、データ集)55万円(税込)

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES