ニュースや情報を見聞きした媒体・メディア、Z世代では約半数が「Twitter」や「YouTube」を利用

 LINEは、同社が運営するスマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」において、日本全国の15歳~59歳の男女を対象にニュースや情報を見聞きした媒体やメディアについて調査し、その結果を発表した。

 「LINEリサーチ」は、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、スマートフォン時代のリサーチプラットフォーム。約595万人のアクティブモニターのうち10〜29歳が50%を占め、学生や若年向けの出現率の低い調査も実施可能となる。

 また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できる。

 LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、スマートフォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、効果的に調査を実施することが可能だ。

 調査した日にち(該当日)は2022年3月17日(木)となる。

 

該当日にニュースや情報を見聞きした媒体・メディアは

▲クリックで拡大

 2022年3月時点の「ニュースや情報を見聞きした媒体・メディア」の結果をみると、全体で「テレビ」が67%と、他の媒体・メディアに比べて圧倒的に高い割合となっている。

 次いで割合が高いのは、「ニュースサイト」で4割弱。以降は「YouTube」「インターネット検索」「Twitter」「Instagram」が3割前後で横並びとなった。3月以前の結果をみても、これまで大きな変化はみられない。

 また、「テレビ」や「ニュースサイト」を除くと、SNSサービスが複数、上位に入っていることがわかる。

 

世代別の傾向

▲クリックで拡大

 次に、「ニュースや情報を見聞きした媒体・メディア」の世代別の傾向をみていく。いずれかの世代で15%以上の利用がみられた上位項目について、世代での利用パターン別にみると以下のように分類できた。

<年代が若いほど使っているもの>
 「Twitter」「YouTube」「Instagram」「TikTok」など、SNSから情報を見聞きしている割合は年代が若いほど高く、Z世代では約半数が「Twitter」「YouTube」を利用していることがわかった。「Twitter」と「テレビ」を比較すると、「Twitter」は52%、「テレビ」は55%となっており、全体でもっとも割合の高かった「テレビ」と3ポイント差となっている。

<年代が高いほど使っているもの>
 「ニュースサイト」「インターネット検索」「ニュースアプリ」は、年代が高くなるにつれて割合も上がっていく。また「Facebook」は、Z世代では2%と低い割合だが、X世代では2割弱と世代の差が大きく出ているメディアといえる。

<X世代(40歳以上)では多く使っているもの>
 X世代の特徴として、「テレビ」「メール/メールマガジン」「【紙】の新聞」「ラジオ」など“マスメディア”の割合が高くなっている。中でも「テレビ」は7割超と他の世代に比べても非常に高い割合で、ニュースや情報を「テレビ」で見聞きする人がX世代では多いことがわかる。

 

世代と男女の傾向や違いは

▲クリックで拡大

 ニュースや情報を見聞きしたメディアは、世代によって傾向の違いがみられた。続いて、世代ごとの男女別の傾向をみていく。総じてどの世代でも、女性のほうが割合の高い項目が多くみられた。

<Z世代(15~24歳)>
 まずZ世代では「Instagram」の男女差が強く表れており、女性のほうが18ポイント高くなっている。また、「テレビ」も女性のほうが高くなった。一方、男性の割合が高かった項目は「【紙】の新聞」「ニュースアプリ」で、5ポイント差だった。

<ミレニアル世代(25~39歳)>
 この世代でも「Instagram」は男女差が大きく、女性のほうが24ポイント高くなっている。「Twitter」も「Instagram」ほどの大きな差はないが、女性のほうがやや高めだ。また、ミレニアル世代ではZ世代以上に「テレビ」の男女差がみられ、女性のほうが高くなっている。ミレニアル世代で男性の割合がやや高かった項目は、「【電子版】の新聞」だった。

<X世代(40歳以上)>
 X世代では、「テレビ」「Instagram」は他の世代と同様に女性のほうが高い割合。女性は「テレビ」が8割強と特に高い割合で、ニュースや情報を見聞きするメインの媒体といえそうだ。「メール/メールマガジン」もこの世代では他の世代に比べ高く、女性が3割超と男性よりも高い割合となった。Z世代では男性のほうが高かった「【紙】の新聞」は、X世代では女性のほうが高くなっている。

 一方、X世代では「YouTube」「Facebook」で男性の方が女性よりも割合が高く、動画配信に加え、他の世代の男性ではみられなかったFacebookなどでもニュースや情報を得ることが女性に比べ高いことがわかる。

 

調査について

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2022年3月18日
有効回収数:4238サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なったりする場合があります

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES