2021年度、国内玩具市場規模は前年度比8.51%増の8,946億円で過去最高を記録 TCGは前年度比45.6%増で大きく伸長

 日本玩具協会は6月14日、2021年度玩具市場規模調査結果データを公開した。国内玩具市場規模は8,946億円となり、前年度比8.51%増の過去最高値を記録している。

 2021年度で特に伸び率の大きかった商品分野は「カードゲーム・トレーディングカード」が前年度比45.6%増、「ハイテク系トレンドトイ」(インタラクティブトイ、ロボット、パソコン関連)が同40.3%増となった。

 玩具市場の中で最も規模が大きい「カードゲーム・トレーディングカード」分野は、売上高にして558億円の伸びを示した。特に「ポケモンカードゲーム」、「遊戯王OCG」、「デュエル・マスターズTCG」の3強が市場を牽引しいずれも大きな伸びを達成したという。

 「ポケモンカードゲーム」は2021年、前年に引き続き人気を集めて品薄が続いた(参考:公式による品薄のお知らせ)。

 同分野の躍進について、日本玩具協会は「いずれも発売開始から20~25年が経って2世代型の遊びになっていることに加え、スマホ向け位置情報ゲームアプリや、配信ゲームなどが加わったことによる対象年齢の拡大と、新規ユーザーの獲得によって購入者の裾野が広がっていること、さらにレアカードの高額取引などの話題性によるもの」と分析している。

 「ハイテク系トレンドトイ」の伸びは、「ぷにるんず」、「Tamagotchi Smart」の大ヒットによるもの。

 そのほか、中分類で売上金額での伸びが大きかったのは、「プラモデル」、「フィギュア」、「ミニカー」、「サマートイ・サマーグッズ」、「レールトイ」、「キャラクターぬいぐるみ」となった。

 全体的に、コロナ禍が始まった2020年度で大きく伸びた分野は、その反動で2021年度は伸び悩んだ傾向にある。2020年度に58.7%増と最も伸び率の大きかった「ジグソーパズル」の分類は14.2%減、2020年度に24.9%増を記録した「一般ゲーム」は8.5%減となった。ただし、それでも2021年度の売上金額は、コロナ前の2019年度よりも大幅に伸びている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES