2021年度、電子書籍市場規模は前年比14.3%増の5,510億円に 2026年度には8,000億円の市場に成長すると予測

 インプレスのシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は8月10日、「電子書籍ビジネス調査報告書2022」(著:落合早苗/インプレス総合研究所)を発行し、電子書籍に関する市場調査の結果を明らかにした。

 報告書によると、2021年度の電子書籍市場規模※は5,510億円と推計され、2020年度の4,821億円から689億円(14.3%)増加。年度前半は新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う外出自粛による巣ごもり消費等により前年度から引き続き追い風であったものの、年度後半は自粛要請が緩和され、外出やリアルの活動も戻り消費行動の変化も見られたことから、落ち着いた状況となったという。

※電子書籍の市場規模の定義は、電子書籍を「書籍や雑誌に近似した著作権管理のされたデジタルコンテンツ」とし、配信された電子書籍(文字もの、電子コミック、写真集、電子雑誌等)の日本国内のユーザーにおける購入金額の合計したもの。これには月額定額制の利用料金やマンガアプリの課金額や、スマートフォンの縦スクロールで読むことに最適化された作品も含む。ただし、電子新聞や、教科書、企業向け情報提供、ゲーム性の高いもの、学術ジャーナルは含まない。また、ユーザーの電子書籍コンテンツのダウンロード時の通信料やデバイスにかかわる費用、オーサリングなど制作にかかわる費用、配信サイトやアプリ上の広告も含んでいない。

 電子書籍市場規模は今後、2026年度には8,000億円の市場に成長すると予測されている。

 そのほか、2021年度の電子コミック市場規模は4,660億円に増加。無料でマンガを読めるアプリやサービスの利用は引き続き拡大しているものの、マンガアプリ広告市場は260億円と横ばいに。利用率調査では、有料電子書籍の利用率が19.8%と、無料での利用率は増加しているものの有料での利用率は初めて減少を記録したことなどが報告されている。

▲電子書籍市場規模のジャンル別内訳
▲マンガアプリ広告市場規模

 「電子書籍ビジネス調査報告書2022」では、電子書籍市場規模、市場の最新動向、ユーザーの動向など上記のほか、流通事業者の動向、今後の展望など、現在の電子書籍市場を多角的に分析した内容が掲載されている。注目の調査結果については、以下のリンクから詳しく確認可能。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES