2022年上半期、「メタバース」ゲームのDL数は1億1000万以上に 売上規模は6億ドルを超える

 米市場調査会社Sensor Towerは同社のブログにおいて、2022年上半期のメタバース関連モバイルゲームに関する市場調査データを公開した。なお、本記事の数字は同社の推計である。

 同社の分類による「メタバース」アプリは、2020年に世界のダウンロード数が2億を超え成長率43.5%で推移し、2021年には前年比71.7%増の3億5000万に達した。

▲年別、メタバースアプリのダウンロード数の推移

 売上についても2020年から急増しており、2019年から112%以上増加した12億6,000万ドル(約1,733億円※)を記録。2021年に入っても成長傾向は続き、15億1,000万ドル(約2,766億円)と過去最高を記録した。

※執筆時点での最新取引レートで計算

 そして2022年上半期、世界のメタバースアプリは1億7000万ダウンロードを記録し、そのうちゲームは67.3%を占める1億1000万ダウンロード。売上は6億5000万ドルで、その94%をゲームアプリが占めている状況となっている。

▲年別、メタバースアプリの売上推移

 メタバースアプリのダウンロード数と売上高をリードしている地域は、2019年以降変わらず米国である。2022年上半期、米国市場でダウンロードされたメタバースゲームアプリは約1400万で、これは2位のブラジルよりも250万本多い数字。

 上記の米国、ブラジルに加え、アジアでもメタバースゲームの人気が急上昇しており、ベトナム、インドネシア、インドなど複数の国で同期間に500万ダウンロードを突破し、次の成長へのカギとなることが予測されている。

▲国別、メタバースアプリのダウンロード数
▲年別、メタバースアプリの売上規模 ※美国=米国

 また、米国市場は2022年上半期、3億ドル(約413億円)近い収益を上げ、市場シェアは48%超に達している。

 アジア市場の中では、韓国が最も好調に。Sensor Towerの分析によると、韓国の好調は主に「メタバースゲームが持つ強い社会的属性と、韓国人プレイヤーとの高い適合性によるもの」だという。

 タイトル別では、2020年のコロナ禍以降、『Roblox』が最大の市場である米国でダウンロード数と収益を大きく伸ばしている。2022年上半期、『Roblox』は米国、韓国、日本、東南アジアでメタバースのゲームアプリにおけるダウンロード数とセールスランキングの上位を席巻。

 特筆すべきは、そのグローバルリーチが、メタバースゲーム全体のユーザー消費額のうち70%を生み出している点である。

▲2022年上半期、メタバースゲームのセールスランキング 
▲2022年上半期、メタバースゲームのダウンロード数ランキング

 次いで、韓国のパブリッシャーであるHAEGINのシミュレーションサンドボックスゲーム『Play Together』 (日本では『一緒に遊ぼう』)がアジア市場で好調に推移し、ダウンロード数で「Roblox」に次ぐ2位を獲得した。

 2022年上半期、メタバースに分類されているゲームの多くはサンドボックス型のタイトルで、アートスタイル別では『Roblox』に代表される低多面体3Dスタイルが最も高いシェアとなった。次いで3Dカートゥーン、2Dカートゥーンが多く採用されている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES