矢野経済研究所マーケットレポート、「BL(ボーイズラブ)市場 2022」を発刊

 矢野経済研究所では、「BL(ボーイズラブ)市場 2022」を発刊した。本調査レポートでは、ボーイズラブを主たるコンテンツとしたサービスベンダーの動向、ボーイズラブを消費対象とするユーザーの消費動向、消費者意識について取りまとめている。

 対象市場は、ボーイズラブをテーマとした漫画(電子書籍を含む)、ライトノベル、同人誌(二次流通品は除外)、ゲーム、DVD、ドラマCD、その他関連グッズ(トレーディングカード、カレンダー等)など。

発刊日:2022年10月7日
体裁:A4 / 44頁
PDF商品:27,500円(本体25,000円 消費税2,500円)

 

掲載内容

Ⅰ.BLオタク(BL消費者)の実態
§1.インターネットモニターアンケート調査の実施概要
§2.ボーイズラブ(BL)オタクの年齢別人口構成
§3.ボーイズラブ(BL)オタクの男女構成
§4.ボーイズラブ(BL)オタクの職業別出現率傾向
§5.ボーイズラブ(BL)オタクの世帯年収
§6.ボーイズラブ(BL)オタクの婚姻状況・恋人の有無の傾向
§7.ボーイズラブ(BL)オタクのネットの1日平均利用時間
§8.ボーイズラブ(BL)オタクがよく観る動画サイト
§9.ボーイズラブ(BL)オタクが普段よく利用するSNS
§10.ボーイズラブ(BL)オタクのパーソナリティー
§11.ボーイズラブ(BL)オタクのコロナ禍発生後の行動変容
§12.ボーイズラブ(BL)オタクの情報収集源
§13.ボーイズラブ(BL)オタクの年間平均消費金額
§14.ボーイズラブ(BL)オタクの週平均オタ活時間

Ⅱ.BL市場の構造・市場規模
§1.市場トレンド
§2.市場構造/主要事業者
リブレ/新書館/フロンティアワークス/一迅社/コアマガジン/マガジン・マガジン/幻冬舎コミックス/オークラ出版/海王社/ふゅーじょんぷろだくと/KADOKAWA/徳間書店/笠倉出版社/イースト・プレス/二見書房/白泉社/竹書房/芳文社/心交社/フランス書院/茜新社/モモアンドクレープスカンパニー/フィフスアベニュー/マリン・エンタテインメント/ケイ・ブックス/ニトロプラス/ウィルプラス/ストーンヘッズ/マーダー工房/ビデオプランニング
§3.市場規模

Ⅲ.参考データ LGBTマーケティングデータ
§1.参考データの調査概要
§2.LGBTの推定人口
§3.LGBTにおける「オタク」の割合
§4.LGBTの「YouTube」利用状況

⇒詳細内容・お申込みはこちら
https://www.yano.co.jp/market_reports/R64201201

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES