「マイ・トーキング・トム」が過去10年間で最もダウンロードされたモバイルIPタイトルに MAUも好調に推移

 data.aiは11月7日、同社のブログにおいて、モバイルゲームIPについて調査したデータを公開した。モバイルにおいて過去10年間、ダウンロード数や月間アクティブユーザー数(MAU)などから、最もユーザーベースを拡大したIPタイトルは「マイ・トーキング・トム」(MY TALKING TOM)だと結論付けている。

 スロベニアのゲーム開発会社Outfit7の「マイ・トーキング・トム」は、バーチャルペットアプリとして世界で人気を博しているフランチャイズ。一作目は2010年に『おしゃべり猫のトーキング・トム』(TALKING TOM CAT)がリリースされている。この作品では、プレイヤーがモバイル端末のマイクに向かって話しかけると、トムがその言葉を返してくれるという機能を備えており、ヒット作となった。

 その後、新しいキャラクターや新しいゲーム体験を生み出しフランチャイズを拡大させ、『マイ・トーキング・アンジェラ』や『マイ・トーキング・トム フレンズ』など現在は20以上のタイトルがリリースされている。

 

 data.aiによると、これらのポートフォリオにより、Outfit7は100億以上のアプリダウンロードを記録。『アングリーバード』、『キャンディークラッシュ』、『PUBG MOBILE』といった他の著名タイトルを抑え、過去10年間(2013年~2022年)で最もダウンロードされたモバイルゲームのIPになったという。

▲2013年~2022年、世界モバイルゲーム市場におけるダウンロードチャート

 2022年における現時点(1月~9月)では、『マイ・トーキング・トム2』は世界で最もダウンロードされたゲームの第9位、『マイ・トーキング・トム フレンズ』は第12位にランクインしており、フランチャイズの根強い人気が見て取れる。上記の2タイトルはそれぞれ2018年と2020年にリリースされたことを考えると、かなりのロングヒットと言える。

 また、「マイ・トーキング・トム」IPは、MAUの数値においてもトップ100に複数のタイトルがランクイン。パブリッシャーごとに見ると、Outfit7が上位100タイトルに最も多くタイトルを保有している。

2013年~2022年、「マイ・トーキング・トム」IPのMAU推移

 データによると「マイ・トーキング・トム」IPのMAUは順調に伸びており、2021年に7本のゲームでピークに到達している(最大値は4億7000万人)。特徴として、新作を投入しても過去作のMAUが落ち込まず、むしろ各タイトルのヒットによって全体的なユーザーベースが拡大しているという。

▲2021年、パブリッシャー別のMAU世界トップ100ランクインタイトル

 なおOutfit7はdata.aiと長年提携しており、CEOであるXinyu Qian氏は同社のツールを「モバイルゲームの改善と、より広い市場の把握に役立つ」と評している。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES