2022年、モバイルゲームのMAUランキング首位は『LINE:ディズニーツムツム』 新作では『NIKKE(ニケ)』がトップに

 

 ゲームエイジ総研は12月22日、2022年におけるモバイルゲームのアクティブユーザー数ランキングを公開した。同社のマーケティングデータサービス「iGage(アイゲージ)」を用いた調査データとなる。

 ランキングでは2022年1月1日から11月30日までの期間、それぞれのアプリの最大MAU(マンスリーアクティブユーザー)数で順位付けを行っている。全体のトップは最大MAUで669.9万人を記録した『LINE:ディズニーツムツム』が獲得。2022年にリリースされた新作に限定すると、『勝利の女神:NIKKE(ニケ)』が最もMAU数の多いタイトルとなった。

 以下、ゲームエイジ総研のレポートを掲載。

 

最も多くのユーザーを獲得したのは『ツムツム』
 

 2022年1月から11月の期間で、それぞれのアプリの最大MAUをランキングしている。

 最もユーザー数の多かったアプリは『LINE:ディズニーツムツム』の669.9万人。2位のアプリと比べると、230万人以上差をつけた。人気不動のIPと、スキマ時間などを利用してカジュアルに遊ぶことのできる点が、アクティブユーザーの獲得・維持に大きく影響を与えていると考えられる。

 ほかには、『モンスターストライク』や『パズル&ドラゴンズ』、といった長期運営されているタイトルの一方、『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』や『ウマ娘 プリティーダービー』など、配信からあまり時間の経っていないタイトルなども見られる。このことから配信から経過した時間は、必ずしもアクティブユーザー数に大きな影響を与えるわけではないことがうかがえる。

 次に、男女別に2022年最もプレイされたデータを確認する。

 

 男性で最も多かったのは、全体では2位の『モンスターストライク』が332.9万人。女性では、『LINE:ディズニーツムツム』が最も多く、452.1万人となっている。

 男女ではプレイされているアプリに大きな違いがみられ、男性側では『勝利の女神:NIKKE』のような美少女系ゲームが、女性側では『ディズニーランド ツイステッドワンダーランド』のような女性向けタイトルが上位に入った。そんな中、男女ともに上位に入っているのは、『Pokémon GO』となっており、男女問わず、多くのユーザーにプレイされていることがわかる。

 

2022年最もMAUが多かった新作アプリは『NIKKE』
 

 続いて、2022年に配信開始された新作アプリを見ていく。

 新作アプリでは最大MAUが100万人を超えたアプリも目立ち、5タイトルが確認された。その中でも2022年最も多くのMAUを記録した新作アプリは『勝利の女神:NIKKE』で117.0万人。わずか1万人差で『Apex Legends Mobile』が続いている。

 そのほかに最大MAUが100万人を超えたのは『ヘブンバーンズレッド』、『鋼の錬金術師 MOBILE』、『遊戯王 マスターデュエル』の3タイトル。100万人を超えたタイトルは、新規ゲームIP作品が2タイトル、既存のゲームIPが1タイトル、その他マンガ・カードゲームのIPが2タイトルと、特定の種類のIPに偏る傾向は見られなかった。

 それでは、男女別に2022年最もプレイされた新作アプリのアクティブユーザー数を確認していく。

 

​ 男性で最も多いのは、『勝利の女神:NIKKE』となっており108.3万人。そこに『遊戯王 マスターデュエル』、『ヘブンバーンズレッド』が続く。女性では『BTS Island:インザソム』の34.1万人が最も多く、それに『夢職人と忘れじの黒い妖精』、『鋼の錬金術師 MOBILE』が続いた。

 男女を比較すると、最大MAUは圧倒的に男性ユーザーのほうが多くなっている。2022年、全アプリでの女性ユーザーランキングのMAUと比較すると、非常に少なくなっており、2022年は女性ユーザーを引き付ける新作アプリが少なかったことがわかる。

 『勝利の女神:NIKKE』 『ヘブンバーンズレッド』といった美少女系ゲームや、『遊戯王 マスターデュエル』といった、男性に人気の高いカードゲームのデジタルカードゲーム版。また、『鋼の錬金術師 MOBILE』や『ソードアート・オンライン ヴァリアント・ショウダウン』など、男性の支持率が高いIPをモチーフにしたモバイルゲームなど、2022年は男性ユーザー中心のアプリが躍進した年だったといえる。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES