カタールW杯の効果で『eFootball 2023』の日本におけるアクティブユーザーが約2倍に増加 

 ゲームエイジ総研は1月12日、サッカーワールドカップが日本のモバイルサッカーゲームに与えた影響について調査したデータを公開した。

 2022年11月20日から12月18日までカタールで開催され、大きな話題となった「2022 FIFAワールドカップ」が与えた影響について、同社のマーケティングデータサービス「iGage(アイゲージ)」を用いて調査している。

 なおワールドカップがモバイルゲームに与える影響については、EAの『FIFA Mobile』が前年同期比98%増のDL数を推計されるなど、世界的に見ても顕著に表れているものとなっている(関連記事)。

 以下、ゲームエイジ総研のレポートを掲載。

 

 

『eFootball™ 2023』のアクティブユーザーはワールドカップ開始前から15万人以上増加

 最初に取り上げる『eFootball™ 2023』は、元々は『ウイニングイレブン』という名前のシリーズ作品で、1995年から続く歴史の長いサッカーゲーム。実在の選手が登場し、リアル志向のグラフィックを特長とするゲームで、モバイルサッカーゲームの中で最もアクティブユーザー数が多いタイトルとなっている。

 

 本作は、大型アップデートの実施や2022 FIFAワールドカップ(以下、ワールドカップ)が開幕した、11月14日の週からユーザー数が増加し、大きな話題となった日本対ドイツ戦が開催された11月21日週から更に大きくユーザー数を伸ばした。12月12日週には、11月7日週から比較し、15万人以上のWAU(ウィークリーアクティブユーザー)を増加させており、その増加率は約2倍となった。【グラフ①】

 

 

『eFootball™ 2023』で増加したアクティブユーザーは主に10代男性

 それでは、どのようなユーザーが『eFootball™ 2023』をプレイしたのだろうか。

 アクティブユーザー数の多い10代から40代の男性ユーザーにフォーカスすると、最もユーザー数が多い10代男性は、平時のWAUが7万人台と、20代の約2倍、30・40代の約3倍のユーザーを擁している。ワールドカップの開催後には、この最も規模の大きい10代男性の増加率が特に目立った。12月12日週になると、11月7日週と比べてWAUは2.2倍に増加し、20代の3倍以上、30・40代の6倍以上と、ほかの年齢層との差が更に拡大した。【グラフ②】

 

 

10代男性が増加しているのはグラフィックがリアル寄りのモバイルサッカーゲーム

 モバイルサッカーゲームでは、『eFootball™ 2023』が最もユーザー数を獲得しているが、そのほかのサッカーを題材としたタイトルではどうだろうか。ここから代表的なサッカーゲーム3タイトルを取り上げて、それぞれのアクティブユーザーを確認する。

 『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』は、実在のサッカー選手や監督のキャラクターでチームを組んで戦うゲーム。リアル志向の『eFootball™ 2023』とはキャラクターデザインが大きく異なり、デフォルメ化されているのが特徴となっている。

 ユーザー数の推移を見ると、ワールドカップが開催された11月14日週から、ユーザー数が増加しているが、その増加率は比較的緩やかなものとなった。ユーザー数の増加が目立つのは40代と30代の男性で、『eFootball™ 2023』で増加が目立った10代男性の変化はほとんど見られなかった。【グラフ③】
 

 

 次に、『実況パワフルサッカー』の例を確認。本作もキャラクターデザインが特徴的な作品だが、実在のサッカー選手は基本的に登場しない。人気の野球ゲームである『実況パワフルプロ野球』シリーズの派生作品で、プロモーション戦略においても、漫画IPやゲームIPなどとのコラボレーションが盛んにおこなわれている。

 アクティブユーザー数の推移を見ると、実在の選手が登場しないということに起因するのか、ワールドカップ自体は殆ど影響していないようで、どの年代もアクティブユーザー数に大きな増減は見られなかった。最も多いのは30代の男性で、『eFootball™ 2023』の中心ユーザーである10代男性は最も少なくなっている。【グラフ④】
 

 


 最後に『サッカースーパースター』を確認。

 『サッカースーパースター』は、スマホ画面をスワイプすることでパスをつないでいき、ゴールを目指すカジュアルゲーム。実在の選手は登場しないが、リアル志向のグラフィックが特徴となっている。

 こちらはワールドカップ付近からユーザー数を伸ばし、特に11月28日週から大幅にユーザー数が増加し、12月12日週には平時の約6倍に増加した。その中でも特に10代男性が増加していることがわかる。【グラフ⑤】
 

 


 今回、4つのサッカーゲームを取り上げたが、ワールドカップを境にユーザー数が増加したタイトルは、いずれも10代男性のプレイヤー数増加が大きな要因となっていた。そして、それらのタイトルはいずれもリアル志向のグラフィックスであるという共通点が見られる。

 以上のことから、流行に敏感な10代男性がワールドカップを機にサッカーゲームをはじめ、その中でも実際のサッカーに近いリアルなグラフィックスのゲームを選んでいると推測できる。

 また、ワールドカップに限らず、ほかのスポーツにおいても、著名なイベント開催を契機にゲームユーザー数に変動が起こりえると考えられる。今後、野球やラグビー、ウィンタースポーツなど様々な世界大会が開催されることもあり、スポーツ関連のゲームユーザーがどのように変化するのか、その動向に注視していきたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES