マイクロソフト第4四半期決算、ゲーム収益は前年同期比7%減に 一方Game Passの加入者は増加し今後も成長見込み

 マイクロソフトは7月26日、2022年6月期 第4四半期(4~6月)の決算、および通期の決算を発表した。ゲーム収益が若干減少したものの、第3四半期に引き続きGame Passが伸長していることを報告している。

【関連記事】
<第3四半期決算>マイクロソフト、Xbox Game Passが好調 加入者の総プレイ時間は過去12ヶ月間で数十億時間を超え、45%の増加を記録

 第4四半期、売上高519億ドル(約6兆9,587億円)で前年同期比12%増、営業利益205億ドル(約2兆7,486億円)で同8%増、純利益167億ドル(2兆2,391億円)で同2%増を記録。

 あわせて、通期では売上高1,983億ドル(約26兆5,881億円)で前期比18%増、営業利益834億ドル(約11兆1,823億円)で19%増、純利益727億ドル(9兆7,498億円)で19%増となった。

 ゲーム分野の売上高は前年同期比7%の減収となり、Xboxのハードウェアの売上高が11%減、Xboxのコンテンツおよびサービスの売上高が6%減少。一方でGame Passのサブスクリプションは伸長し減少を一部相殺したという。

 また、同社のクラウドゲーミングサービス「Xbox Cloud Gaming」においては、5月にEpic Gamesとの提携を発表し、『Fortnite』を各デバイスでストリーミングすることが可能に。

 加えて6月にはサムスンのスマートテレビが搭載するクラウドゲームプラットフォーム「Samsung Gaming Hub」との提携も開始。これにより、Xboxのゲームをゲーム機なしでストリーミングすることも可能となった。現在までに、400万人以上が「Xbox Cloud Gaming」を通じてゲームをプレイしており、そのうち100万人以上は新規ユーザーの流入だという。

【関連記事】
サムスンのスマートテレビがクラウドゲーム対応のハブ機能を搭載へ 他社と提携し新しいゲームプラットフォームを目指す

 マイクロソフトは今後、ファーストパーティコンテンツの減少によりゲーム分野ではさらに1桁台前半から半ばの減少を見込んでいるが、Game Passの加入者は引き続き増加すると予測している。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES