テンセント、Ubisoft子会社を通じて出資を約429億円に拡大 AAAフランチャイズをモバイルに展開する見通し

 Ubisoftは9月6日、テンセントより子会社Guillemot Brothersを通じて1億ユーロの増資を行ったことを明らかにした。テンセントはこれにより、Guillemot Brothersに対して3億ユーロ(約429億円)を出資したことになる。

 Guillemot Brothersは、Ubisoft のCEO兼共同創設者であるYves Guillemot(イヴ・ギユモ)氏によるUbisoftの関連企業。出資の理由は「長期的な安定と発展のため」としている。

 Yves Guillemot氏は増資にあたって「テンセントとの協業拡大により、Ubisoftの創業者を中心とした中核的な株式保有がさらに強化され、会社の長期的発展に不可欠な安定性がもたらされます」とコメント。

 今回の増資により、テンセントはGuillemot Brothers Limitedの49.9%の経済株と5%の議決権を取得。なお、今回の増資によるUbisoft、およびGuillemot Brothersのガバナンスに変更はないとのこと(テンセントが同社の取締役会に参加せず、事業に対する拒否権などを有しない)。取締役会は、テンセントがUbisoftの直接出資比率を4.5%から9.99%まで増やすことを許可している。

 今後、両社の戦略的パートナーシップにより、Ubisoftが保有するAAAフランチャイズ(代表的なものは「アサシン クリード」、「ファークライ」、「トム クランシー レインボーシックス」など)のいくつかをモバイルゲーム市場に展開する見通しだ。具体的な計画は不明。

 また、ロイター通信の報道によると、CEOのYves Guillemot氏はテンセントが同社への出資比率を引き上げるという取引後も、他のパートナーに対してオープンである意向を示している。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES