コーエーテクモHD、2Q累計実績はCS売上156億7,300万円で前年度比7.9%減 モバイル売上は163億円で同5.5%減に

 コーエーテクモホールディングスは10月31日、2023年3月期 第2四半期(2022年7~9月)の連結業績を発表した。第2四半期までの累計実績は、売上高347億6,200万円(前年度比6.6%減)、営業利益183億2,100万円(同11.6%増)、経常利益176億6,700万円(同29.5%減)、純利益136億4,800万円(同24.8%減)となった。

 特に大きい経常利益の減少については、ウィズコロナへの移行が進む一方、欧米諸国のインフレーション懸念と、それに対応するための金融引き締めにより世界経済が不透明な状況となっているためとしている。

 地域別売上高としては、国内が50.7%、海外が49.7%(北米12.2%/欧州3.5%/アジア33.6%)となっている。一方、地域別販売本数に関しては国内が30.1%、海外が69.9%(北米31.8%/欧州16.2%/アジア21.8%)となり海外が7割に迫る状況。通期の計画では、海外での販売本数は71.3%にまで上昇する見込み。

 なお全体業績のうち、中核となるエンタテインメント事業は売上高327億8,300万円、セグメント利益179億9,400万円で減収増益。

 セグメント売上の内訳としては、パッケージ(コンソール)が156億7,300万円(前年度比7.9%減)、オンライン・モバイルが168億1,000万円(同5.7%減)、イベント・グッズが3億円(同25%減)となった。そのうち、デジタル売上(コンソールのDL版、DLC、PC(オンライン)、モバイルの合計)が売上の77.3%を占める。なお、スマホ・ソーシャルのみの売上高は163億円(同5.5%減)を記録。

 パッケージにおいては、『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』が全世界で累計販売本数100万本を達成。

 そのほか、『信長の野望・新生』は日本・アジア地域で20万本、『太閤立志伝Ⅴ DX』が同じく日本・アジア地域で18万本、『Winning Post 9 2022』が日本で10万本を売り上げている。

【関連記事】
『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』が発売約2ヵ月で世界累計出荷100万本突破

 通期業績予想については、第3四半期以降の新作タイトルの販売動向、IP許諾によるロイヤリティ収入、世界経済の動向による営業外収益の不確実性に鑑みて、修正はないとしている。そのため通期計画は売上高770億円(前年度比5.8%増)、営業利益325億円(同5.9%減)、経常利益425億円(同12.7%減)、純利益315億円(同10.9%減)を見込む。

 2023年3月期は3ヶ年の中期経営計画の初年度にあたり、年度を跨いだ大型タイトルの開発を予定していること、IP許諾収益について保守的に見ていることから、単年度としては増収減益の計画となっている。最終年度である2025年3月期の利益目標(売上高1,000億円、営業利益400億円、経常利益500億円)に向けては、中期経営計画で重点目標として以下の大きな目標を掲げている。

  • 24年度営業利益目標400億円
  • 500万本級パッケージゲーム(新規IP)
  • 毎期200万本級パッケージゲーム
  • 月商20億円スマートフォンゲーム
  • 複数の月商10億円スマートフォンゲーム

そして現在、重点目標のために取り組む以下の新作タイトルを発表している。

WILD HEARTS

 エレクトロニック・アーツ社と提携してPS5/Xbox Series X|S/PC(Origin、Steam、Epic Games Store)向けに開発中のハンティングアクションゲーム『WILD HEARTS』は2023年2月17日に発売予定(関連記事)。

Rise of the Ronin

 また、幕末の時代を舞台にしたPS5用オープンワールドアクションRPG 『Rise of the Ronin』を2024年の発売に向けて開発中。コーエーテクモならではの、歴史や文化をテーマにした独創性溢れるコンテンツによって、さらなる成長を図っていく方針としている。

 上記のほか、2023年2月22日に『ライザのアトリエ3 ~終わりの錬金術士と秘密の鍵~』を、同年初頭に『零 ~月蝕の仮面~』(リマスター版)を発売予定(関連記事)。成長戦略として、既存のIPをグローバル化させることにも力を入れている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES