任天堂とDeNA、新たに合弁会社を設立 任天堂のビジネスの“デジタル化を強化”

 任天堂は、2022年11月8日開催の取締役会において、ディー・エヌ・エー(DeNA)と合弁会社を設立することを発表した。会社名はニンテンドーシステムズ株式会社。なお、合弁会社は、資本金の額が任天堂の資本金の額の100分の10以上に相当することから、同社の特定子会社に該当する。

 両社は、2015年に業務・資本提携を締結し、ニンテンドーアカウントを中心とする新たな基幹システムの開発と運用に取り組んできた。そして今回、任天堂とDeNAは、7年以上におよぶ両社のノウハウの蓄積とニンテンドーアカウントを基盤とした様々なサービス開発の経験を元に、提携・パートナーシップを強化し、任天堂のビジネスのデジタル化を強化することを目的として、ユーザーとの関係性をより一層深めるための研究開発と付加価値創造を行う合弁会社を設立した。

■合弁会社(特定子会社)の概要

 

 両社は、これまでも任天堂IPを題材としたモバイルゲームを共同開発してきた。今回、任天堂は「ニンテンドーアカウントを基盤とした様々なサービス開発の経験を元に…」と言及しているように、新作ゲームの開発というよりは、任天堂の新たなビジネスの企画・開発に注力するようだ。

 合弁会社の設立日は2023年4月3日を予定している。なお、今回の合弁会社の設立は、任天堂の今期の業績に与える影響はなく、主に来期以降の業績予想に織り込まれるという。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES