gumiが総額70億円を資金調達 SBI及びスクエニとの戦略的資本業務提携により、メタバース事業の成長を加速化

 gumiは、SBIホールディングス及びスクウェア・エニックス・ホールディングスと資本業務提携契約を締結し、第三者割当増資にて総額70億円の普通株式を発行することを2022年12月22日に決議した。払込日は2023年1月11日を予定している。なお、払込日において自己株式も消却される。

 今回の資金調達により強固な財務基盤の構築が出来るとともに、SBIグループ及びスクウェア・エニックス・グループとの共創関係を構築させることで、gumiのメタバース事業をこれまで以上に加速度的に成長させ、更なる企業価値の向上に取り組んでいくとしている。

 

戦略的資本業務提携の背景、目的

 gumiグループは、現在の収益の主軸であるモバイルオンラインゲーム事業に加え、メタバース事業を第2の収益の柱にすべく取り組んでいる。メタバース事業が属する領域はブロックチェーン等の新しいテクノロジーを活用したサービスが次々に生み出され、市場が急速に拡大しており、gumiグループは、これまでNFTゲームである『ブレイブ フロンティア ヒーローズ』を配信している。

 しかし、今後さらに本格的なブロックチェーンゲームの開発・配信にあたって、同社グループの技術力のみならず、トークン発行やトークンエコノミー形成等のノウハウが必要となるという。また、将来的には誰もが認める有力コンテンツの活用等も視野に入れつつ、これまでの投機性の高いブロックチェーンゲームから脱却し、「楽しみや感動を味わいながら、価値までも創造していく」という「Wow and Earn」を実現するブロックチェーンゲームを創出することが、全世界のゲームユーザーにとって必要であると強く認識しているとのこと。

 この新たな価値を創造するために、金融のノウハウを有するSBIグループ、そして有力IP・コンテンツ開発力を有するスクウェア・エニックス・グループとの戦略的資本業務提携を実施。なお、調達した総額70億円の資金の使途は主に下記の通り。

ファイナンス補足説明資料より
ファイナンス補足説明資料より

 

業務提携の内容

① SBIホールディングスとの業務提携の内容

Ⅰ.ブロックチェーン関連コンテンツの開発・運用・販売における提携

 gumiグループが有するゲーム開発・運用ノウハウを活用したハイクオリティで長期運営が可能なゲームコンテンツと、SBIグループが有するトークン(※)上場等に係るノウハウを掛け合わせることで、ゲーム内で使用されるトークンをSBI VCトレードやビットポイントジャパン等の暗号資産取引所に上場させることを目指していく。

 現在、ゲーム内で使用されるトークンの多くは海外の暗号資産取引所で流通していることから、国内のゲームユーザーにとって利便性が低い状況にあり、国内市場を活性化させるにあたっては、国内の暗号資産取引所での上場が不可欠であると考えている。

 さらに、ブロックチェーンゲーム専用のプラットフォームやNFTマーケットプレイスの設立等も既に検討しており、両社の協業により、ブロックチェーンゲームの開発・配信から、トークンやNFTの販売・流通に至るまでをワンストップで展開し得るサービスの提供を目指していく。

※既存の暗号資産プラットフォームのシステムを間借りする形で存在する通貨で、独自のブロックチェーンを持たない通貨を指す。

ファイナンス補足説明資料より

Ⅱ.Web3.0領域のネットワークの相互活用による提携

 SBIグループやgumiグループが手掛ける投資ファンドや出資を行う事業会社への共同投資に加え、gumiグループがネットワークを有する上場有力トークンに対して、SBIグループによる上場支援、SBIグループのネットワーク活用によるノード運営事業拡大等、様々な事業連携を行っていく。

ファイナンス補足説明資料より

Ⅲ.金融商品開発・販売における提携

 gumiグループが開発するゲームや保有する版権を裏付け資産としたST(セキュリティ・トークン(※))の発行及びSBI証券の顧客に対する販売の検討や、SBI証券の顧客に対し、ゲーミングの要素を取り入れた投資体験を提供するべく、gumiグループからのノウハウ提供等を検討していく。また、SBIグループが有する4,000万人の顧客基盤とgumiが有するユーザー基盤を相互に活用し、企業価値を向上させる。

※ブロックチェーンで管理された、デジタル化された証券を指す。

ファイナンス補足説明資料より

Ⅳ.Web3.0領域を取り巻く事業環境の整備推進に向けた提携

 gumiグループとSBIホールディングスは、Web3.0領域における更なる産業発展と、課題解決に向け、コンテンツ提供や広報宣伝活動等を通じ、一般消費者へのWeb3.0の認知拡大に向けた取り組みを推進するとともに、関係省庁等とも緊密に連携をしながら、事業環境の整備(税制等に係る提言を含む。)の推進を図る予定。

ファイナンス補足説明資料より

 

② スクウェア・エニックスHDとの業務提携の内容

Ⅰ.モバイルオンラインゲーム及びブロックチェーンゲームの開発・配信に係る提携

 スクウェア・エニックス・グループが有するグローバルにおけるゲームパブリッシュ力やマーケティングノウハウに、gumiグループが有するゲーム開発力、長期運用力及び海外展開ノウハウを掛け合わせることで、ハイクオリティのモバイルオンライン及びブロックチェーンゲームを開発し、早期のグローバル展開を図っていく。

ファイナンス補足説明資料より

Ⅱ.ブロックチェーンゲーム専用プラットフォームの設立検討に向けた提携

 ブロックチェーンゲーム専用プラットフォームの共同設立等を通じ、新たな形でのブロックチェーンゲームの提供やエコシステムの形成を目指すべく、様々な取り組みの検討を推進していく。

ファイナンス補足説明資料より

Ⅲ.Web3.0領域のネットワークの相互活用による提携

 両社がネットワークを有するWeb3.0領域のグローバルな有力企業やプロダクトに対する共同投資や協業機会の提供、Web3.0領域に関連する省庁や業界団体等への働きかけ等により、税制等の事業環境の整備を行っていく。

ファイナンス補足説明資料より

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES