テンセント、『NIKKE(ニケ)』開発の韓国スタジオ「SHIFT UP」の株式20%を取得 

 

 中国・テンセントが、韓国のゲームスタジオ「SHIFT UP」の株式20%を取得したと現地メディアが報じている。

 報道によると、テンセントは今回の株式取得により、SHIFT UPの創業者であるキム・ヒョンテ氏に次ぐ2番目の出資比率となったという。

 『デスティニーチャイルド』などでも知られるSHIFT UPは近年、テンセントのグローバルブランドであるLevel Infiniteが配信する放置系シューティングRPG『勝利の女神:NIKKE(ニケ)』の開発会社として注目を集めている。

 

 『NIKKE』は11月にグローバルで配信を開始すると、リリースからわずか1ヶ月で、1億ドルの収益を達成。

【関連記事】
『勝利の女神:NIKKE』がリリース後1ヵ月で売上1億ドルを達成 収益の半分以上を日本市場が占める

 コンシューマ向けには現在、PS5用アクションADV『Stellar Blade』(当初Project Eveとして発表された)の開発が進行中となっている。

 

 直近のテンセントはグローバル展開を強めており、今回の買収においても、世界のゲーム市場においてプレゼンスを拡大することを目的としている。

 8月にはテンセント子会社Sixjoyがフロム・ソフトウェアの株式を取得し16.25%の持株比率に。9月には、Ubisoft子会社Guillemot Brothersの経済株49.9%を取得し、出資を約429億円に拡大した。

【関連記事】
中国テンセント、新たなM&A戦略により「国外ゲーム企業の買収を積極的に模索中」との報道
テンセント、Ubisoft子会社を通じて出資を約429億円に拡大 AAAフランチャイズをモバイルに展開する見通し
フロム・ソフトウェア、テンセント傘下Sixjoy及びSIEより約364億円の資金調達を実施

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES