米・アタリの2023年3月期上半期、半数の事業部門が不況となるもブロックチェーン部門が前年同期比101%増の成長

 

 米・アタリ(Atari)は12月16日、2023年3月期の上半期(2022年4月1日~2022年9月30日)における決算を発表した。上半期、売上高は430万ユーロ※(約6億円)となり前年同期比27%減となった。

※アタリは株式市場をユーロネクスト・パリのグロース市場に移管

 事業ごとの売上高はゲーム部門が280万ユーロ(約3億9,500万円)で前年同期比10%増となるも、ハードウェア部門が20万ユーロ(約2,800万円)となり同92%減、ライセンス部門が60万ユーロ(約8,500万円)となり同18%減。

 一方、ブロックチェーン部門は70万ユーロ(約9,900万円)で同101%増を記録し、大きく差はあるもののゲーム部門に次ぐ規模に成長。

 アタリは期間中、同社のブロックチェーンエコシステムであるAtari Xの基礎を築くことに注力。The Sandbox (ザ・サンドボックス)との提携をはじめとした、Web3パートナーとのコラボレーションやパートナーシップを含む活動を行い、NFT販売で一定の成果を収めた。

 今後、さらに新たなNFTの展開や新作ゲームの共同制作を行うほか、低迷した事業部門の立て直しに取り組む方針。現在、新戦略の強化を目的としてIrata社およびWade J. Rosen氏が主導する株式の公開買付けを実施している。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES